へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOUとコンサート♪
2012年11月15日 (木) | 編集 |
YOUはピアノ教室の他に、もうひとつお世話になってる音楽教室があります。
YOUがまだ小学校の低学年の頃、地元のジャズフェスティバルのプログラムの一つに自閉症児のための音楽教室というのがありました。
そのプログラムを継続して行いたいと願うお母さん方が集まって始めたサークル、SW音楽教室。
発足時から参加し、今月で16年になりました。

ピアノ教室は、自分で演奏したり歌ったり楽譜を書いたり…という内容ですが、SWの方は生の音楽に触れて、感じて表現することが中心。
演奏担当のSWバンドは皆アマチュアの方々で、歯医者さんや会社員、保育園の園長さんなどなど様々な職業の方がお忙しい本業の傍ら、ラテン、ジャズ、時にはクラシックから童謡に流行りの曲まで、様々なジャンルの曲を演奏し楽しませてくれるのです。

Asahikawa Philharmonic Orchestra1
その音楽教室で長年お世話になっている、パーカッションのSさんやOさん・Yさんが参加する、旭川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会が5月6日にありました。
ダメ元で「Sさん達が出るんだよ。」とYOUを誘ってみたところ、思いがけずOKの返事。
YOUと一緒のコンサートは、子供の頃に何度か行ったジャズライブ(当初、音楽教室の中心がジャズフェスティバル関係者だったので)以来久しぶり。
クラシックの演奏なんて大丈夫かな?
演奏中におしゃべりしたらどうしよう…。
などなどの不安と、私にとって二度目のオーケストラ演奏という楽しみな気持ちと半々で、少々緊張しつつ出かけました。






Asahikawa Philharmonic Orchestra1
去年の5月のスピッツ以来の文化会館に到着。
席に着いてプログラムを見ると、SWバンドのメンバーの他にも、今までSW音楽教室にゲストとして参加して下さった方々のお名前がいっぱい。
曲目はリスト作曲 交響詩「前奏曲」、フォーレ作曲 組曲「ペアレスとメリザンド」、そしてチャイコフスキー作曲 交響曲第6番ロ長調「悲愴」作品74。
あまりなじみのない曲ばかりだけど、最後までちゃんと聴けるかな?
隣の席のYOUの様子を気にしつつ、開演を待ちました。

私にとっては30年くらい前に総合体育館のこけら落としで札響の演奏を聴いて以来の、 生のオーケストラ演奏。
とても迫力があり、本当に素晴らしかったです。
YOUの方は…というと、前半は本当に静かに聴いていたのですが、途中の休憩で緊張が切れてしまったのと終わる時間を気にしていたのとで、「悲愴」の時に「今何楽章か」ということを何度も質問してきたり、少々喋ってしまいました。
ハラハラしましたが、幸い目立つような大きな声では無かったので、何とかセーフ。

プログラムの曲が全て終わり、YOUは帰る気満々。
そこへアンコールがあり、指揮者の方が「もう一曲やってもよろしいですか?」と言われた時には、「だめ!」と言ってしまいました…(^^;;
それでも「アンコールだからもう一曲ね。」と私が言うとYOUの気持ちも何とかおさまり、おとなしく最後まで聴くことが出来ました。

「どクラシックの曲ばかりで大丈夫ですか?」とSさんは心配されていましたが、「ペアレスとメリザンド」の中の「シシリエンヌ」やアンコールの「スラブ舞曲」はYOUも知っている曲だったので、それなりに楽しめたのでは?と思います。
かなり緊張して疲れましたが、YOUと一緒に音楽を楽しむ事が出来て、本当に良かったな~と思いました。
またいつか、こんな機会があればいいのにな♪




関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
まぁYOUちゃん偉かったですね~。
ちゃんと最後まで聴けて良かった良かった(^^)

そういえば先日のHIATUSのライブで始まる前にギャンギャンと泣いてるお子さんがいて(姿は見えなかったけどホールに響き渡る声でした)
どうなるのかと思ってたけどライブ中は子供の声はありませんでした。退場させられたのかしら。
でもああゆうライブに小さな子供は連れてきちゃダメだよねぇ(^^;;
2012/11/19(月) 10:43:17 | URL | うさぎ #6facQlv.[ 編集]
うさぎさんへ
一緒にコンサートに行くのは本当に久しぶりで、ましてクラシックなんて初めてだったので、どうなることやら…でしたが、なんとか頑張ってくれました。
スリルを感じながら、私も楽しみました(笑)

いくらホールとはいえ、HIATUSのライブに小さなお子さんを連れてくるのはどうなのかしらね(^^;;
たとえ泣かなくても、大きな音は耳に悪いかもしれないし、何とかならなかったのかな…。
2012/11/21(水) 13:50:24 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック