へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUMP OF CHICKEN 2013 TOUR 「WILLPOLIS」2013/10/24(THU.)@北海きたえーる《その1》
2013年11月03日 (日) | 編集 |
WILLPOLIS@きたえーる…あの夢のようなライブから、あっという間に10日が過ぎてしまいました。
ぼちぼちレポを始めようと思います。
いつものように異常に長いですが、最後までおつきあい下さると嬉しいです♪



いよいよWILLPOLIS@きたえーるが近づき、週間天気予報を毎日チェックしていたら、24日の札幌は傘マークが出たりひっこんだり…。
台風も近付いてるしどうなるかと思いましたが、藤原効果のおかげ(?)か台風の影響も無くなり、前日に雨マークは消えました。

WILLPOLIS14

でもあまり暖かくはなさそうなので、丈が長くて暖かいGOOD GLIDERパーカーに薄手のコート着用。
グッズと整列で外に並ぶときの寒さ対策にヒートテックにカイロも用意。
念のため、折り畳み傘と雨合羽も持ちました。

今回のツアーは各地でグッズの売り切れ続出…北海道は大丈夫だろうと思いつつも、去年より1時間早いスーパーカムイに乗って、旭川のBUMP友達yuri-さんと札幌に向かいました。
列車の中で早めの昼食をとって、10:20に札幌到着。

二、三列前で立ち上がった女の子も、私と同じGOOD GLIDERパーカーだったので、
「あの子もBUMP行くのね~♪」
と、yuri-さんと話していたら…振り向いた女の子はMEの小・中・高の同級生、Jちゃん♪♪
思わず手を振ったら、気がついてくれました(*^_^*)
地下鉄東豊線に乗り込み、いざきたえーるへ!

WILLPOLIS17

10:50頃きたえーる着。
あれ?誰もいない…?

WILLPOLIS18

…なんてことはなく、グッズに長蛇の列!
急いで最後尾に並びました。

家を出た時点で始まったドキドキは、旭川駅でyuri-さんとお会いした時に「今日が私のWILLPOLISなんだ!」と実感して、さらにドキドキ。
きたえーるに着いて、もっとドキドキ…緊張がどんどん高まります。

11時に物販開始になり、少しずつ前に動き始めました。
何色のTシャツを買おうかと迷っているうちに意外と早く列が進み、気がついたらテントが目の前。
…まだ、決まってないよ~(^_^;)

クレジットの列に並んでも、気持ちが定まらない私。
黒だけにしようか、白黒両方にしようか…う~ん。
散々迷った挙句、他のグッズも一通り買うので…と、白Tシャツはやめて黒のみに。
順番を待っている間に、グッズ担当のしーほさんらしき方をお見かけしましたが、とっても綺麗なかたでした♪

私の列のバイトさん…グッズの確認の時、とてもはっきりと大きな声で読みあげるのでちょっと恥ずかしかったです。
サイズだけでも小さい声でお願いしたいな…(笑)

後ろに積み上がってるLongfellowの段ボール箱…欲しいなあ。
一つでいいんだけどなあ(^_^;)

WILLPOLIS1

自分が欲しかったもの&お友達に頼まれたものを無事買い終わって時計を見たら、あれ、まだ12時前!?
意外に早く買い終わっちゃった(笑)
ずっと雲に覆われていた空も、少しだけ青空がのぞいてきました。
去年のきたえーるは風が強くてとても寒かったのですが、この日は風もそれほど強くなくて、思っていたよりあったか。

長蛇の列もそれほど長く続かず、開始から1時間半もしないうちにテント前の列だけに。
この時点で売り切れは何もなし。
多分平日なので、出足が遅かったのでしょう。
赤ちゃんをだっこしてグッズを買ってる方もいました。
おばあちゃんがそばにいたから、これから赤ちゃん預けてライブなのかな?
協力的なおばあちゃんに感謝ですね♪

ここでマイミクさんのみぽりんさんと、初めてお会いすることが出来ました。
すぐに別のお友達がいらしたし、一度ご自宅に戻られるとのことで、少ししかお話出来ませんでしたが、お会い出来て嬉しかったです。
みぽりんさんのお友達に私とyuri-さんは親子だと思われ…(笑)
親子に見られるだろうな~と以前からずっと思っていたので全くショックではなく、とても可愛いyuri-さんのお母さんと思われて、むしろ嬉しかったです(*^_^*)

みぽりんさんとお別れした後、今年BUMP友達になったYoccoさんと初めまして♪
Yoccoさんもお買い物が終わっていたので、一緒にツアートラックを見に行きました。


WILLPOLIS2

きたえーるの裏は落ち葉の絨毯。
スノースマイル気分になって、落ち葉を蹴ってはしゃぐ私たち(笑)

WILLPOLIS3

ツアートラックは今年も第二駐車場の奥。
遠い…(T_T)

WILLPOLIS4
WILLPOLIS5
WILLPOLIS6

もうちょっと近くで見たいなあ。
後姿もちゃんと見たいのにな。

WILLPOLIS7

駐車場を通り過ぎ、去年遅い桜が咲いていたところへ。

WILLPOLIS8

ここも一面落ち葉の絨毯♪
…今日「スノースマイル」が聴けたらいいのになあ…♪

WILLPOLIS10

駐車場の上、一階外のテラスのようなところへ。
音漏れが聞こえてきて「おおっ!」となりましたが、まだリハには早かったのか、楽器の音出しだけで演奏は聞えませんでした。
そこへうさぎさんとお姉さんが到着。
久しぶり~♪

窓ふきをしている清掃の方の首にもバックステージパスが下がってるのを見て、
「あれ欲しい~!」
と騒ぐ私たち(^_^;)
見たい・聴きたい・欲しい…と、さっきから欲の塊(笑)
だって、私たちにとっては最初で最後のWILLPOLISなんだもん♪

WILLPOLIS9

駐車場には3台のツアーデコトラの他にも、大宮・春日部・つくばなどなど関東一円のナンバーのトラックがずら~っ!
遠いところからはるばる北海道へ来てくれて、本当にありがとう♪
このトラックが並んで走ってるところ、一度見てみたいなあ。

しばらくおしゃべりしていましたが、リハも始まらないようだし、だんだん寒くなってきたので、中へ入りました。
去年も食事をしたYELL CAFEへ行くと、いつも着替えのために長蛇の列になるカフェのトイレががら空き!
去年のように着替え難民(?)にならないうちに…と、早々とお着替え完了。
トイレのバッグをかけるところがとても高くて手間取りましたが、これで開場までのんびり出来ます。

事前に調べたYELL CAFEのメニューには、ヘルシーメニューのお豆腐ハンバーグとかダイエットメニューのサラダうどんとか色々あったのに、イベントがある時は別メニューのようでした。
楽しみにしていたので、ちょっと残念(^_^;)
14時前でいくらなんでも夕食には早いので、まずはかぼちゃタルトで休憩♪

WILLPOLIS19

他のバンドのライブだったら、『早くライブに行きたいな~♪』『今日のライブ、楽しかったな~♪』って、ただ楽しいだけなのに、BUMPの時だけは違うよね。
始まったら終わってしまうから、ライブは嬉しいけど始まる前から寂しくて、早く会いたいけどずっと先延ばしにしたい気持ちもあって…複雑な心境になるよね。
まるで「グッドラック」の歌詞みたいだよね。
そんな話になりました。
ツアーが決まったらとても嬉しいけど、同時にチケットの心配とか色々な事が頭をよぎってモヤモヤしちゃうし…ほんとに好き過ぎて困っちゃう…ということで、意見が一致(^^;;

1時間ほどして、初めは空いていた店内も徐々に混んで来ました。
イベントの日は1時間で出るようにメニューにも書いてあるけど、まだまだ開場まで時間あるし…という訳で、ちょっと早いけど夕食を注文して延長作戦(笑)

WILLPOLIS20

私を含む4人はパスタを注文しましたが、朝ごはんが遅かったというYoccoさんだけは、パスタじゃちょっと重いので軽めのものに…ということで、ホットドッグを注文しました。
…ところが、出てきたのはかなり大きなホットドッグに付け合わせの山盛りサラダとさらに山盛りのフライドポテト!
パスタより重たいホットドッグに目が点…そして爆笑!
Yoccoさん、笑ってしまってすみません(^_^;)
みんなでお手伝いして、山盛りポテトは無事きれいに無くなったのでした(笑)

早めの夕食が終わった頃、YELL CAFEのトイレはTシャツを手にした人で長蛇の列に。
少しずつ進んだ分だけ後ろに並ぶので、いっこうに列が短くなりません。
開場時間が迫ってきても、その列は消えませんでした。
入場後ならトイレも沢山あるのですが、アリーナの人はその前に行きたいしね。
トイレの数、なんとかならないものかしらね…?

延長1時間も過ぎ、さらにカフェも混んできたので、席を立ちました。
後から来るうさぎさんの次男くんを待ちつつ、外を眺めながらおしゃべり。
だんだん外の人出も増えてきて、クロークテントにも列が出来始めていました。

去年は整列前に一度外に出されたけれど、今年は一向にその気配もなし。
アリーナA~Cは外で整列でしたが、D~は豊平公園駅への連絡通路に整列のようで、去年は外だったスタンド席の整列も今年はロビーでした。
カイロ要らなかったな~(笑)

無事にうさぎさんも次男くんと会えたので、整列することに。
沢山の人がごった返す中、スタンド席の最後尾へ。
並んで間もなく開場になりました。

渡されたザイロバンドはグリーン。
ほんとはブルーかホワイト希望だったのですが、もう何でもいいや!
どうか光りますように…☆彡

スタンド席Aブロックの入り口でYoccoさんとお別れし、A・Bブロックの間のトイレへ。
ここも空いていました。
またもやバッグをかけるのに手間取り、一足遅く外に出たら、うさぎさんとyuri-さんがザイロバンドの説明書を見ていました。

なになに…「絶縁シートはいますぐ引き抜いて下さい」と注意書きが!
しかも太字で強調…びっくりして慌てて抜きました(笑)
お願い!絶対光ってね~!と祈りながら…。

そこでうさぎさんともお別れして、yuri-さんとB5ブロックへ。
…ステージ、ちかっ!
私の席はアリーナAブロックの延長上、ステージを斜め左上から見下ろす感じです。
B4ブロックからステージ側は全部黒いシートで覆われてるけど、ステージサイド席も販売されてたはず。
最初の先行で当たった席だけど、ステージサイドに限りなく近い席だったのね(笑)
あと少し左だったら、秀ちゃんが隠れてみえないところでした…(^_^;)

ここでもう一人お会いしたかったちっこさんと連絡が取れたので、ちっこさんのいるブロックへ。
お土産を交換し終演後に再び会う約束をして、自分の席に戻りました。

会場では英語のアナウンスと、左右のヴィジョンでザイロバンドの説明。
よく見たら、人の腕の中にネコの手が混じっていました。
ニャロメみたいだったけど(笑)あれはニコルだよね!
かわゆい♪

ステージの左側にはずらっと並ぶギターとベース。
そこにいるスタッフさん…あの髪型はラムトリックカンパニーの番頭さん!
今回のツアーに同行されているらしいし、楽器チェックの時にベースをバリバリ弾いていたし…多分間違いありません。
そして、ステージ前でカメラを構えているのは古溪さん!
前回は取材が殆ど無かったきたえーる(唯一JAPANの山崎編集長が来て下さったのですが、写真は無し)ですが、今回はMUSICAの密着取材があるのです。
古溪さんの写真も鹿野さんのレポも、とても楽しみ(*^_^*)♪

yuri-さんとおしゃべりしながら、アリーナの入場を眺めていました。
各ブロック、順に隙間無く埋まっていきます。
ライブが始まる前から具合が悪くなって、スタッフの人に抱きかかえられて運ばれて行く人も…。
お母さんらしき人が付き添っていたので、あまり大きくないお子さんだったのかもしれません。
とても心配でしたが、ライブの後半、元気に歩いて戻ってきました。
良かった~。

アリーナの方が一体感があっていいな~といつも思うのですが、やっぱり私には無理そう。
最前になれたらどんなに押されても耐える自信はあるけど、その後ろで埋もれたとしたら…ちびっこの私は何も見えないだけではなく、具合が悪くなる可能性が大きいように思えるのです。
そんなの嫌だし、やっぱりちゃんと見たいし…きたえーるはこれからもスタンド席かなあ。

左隣りのお二人は、一人が初BUMPみたいで、もう一人の人が
「みんなグッズを買うために早く来るんだよ」とか
「ドラムの人が…」と説明していました。
前回も、後ろにそんな人がいたっけなあ。

私の前はまたしても男性で、それも結構背の高い人…。
いくらスタンド席で段差があっても、あまり背の高い人だと前が見えないのです…それくらいちびなんです(^_^;)
ライブの3時間だけでもいいから、せめてあと10㎝背が高くならないかなあ。
叶えてよ、ドラえもん…(T_T)

なんてことを考えている間も続いているアリーナの入場。
開演時間ぎりぎりまで続きましたが、開始予定の18:30少し前にSEのボレロが流れてきました。
ボレロに合わせて、起こる手拍子。
徐々に盛り上がるボレロの演奏に合わせて、手拍子も大きくなり動悸もますます激しくなります。

突然ザイロバンドが光ってびっくり!
始まる前の試点灯なのかな?
各色ごとにピカッと光るたびに、会場のあちこちがどよめきます。
yuri-さんのイエローも私のグリーンも、無事に光りました!
良かった~(*^_^*)

ほっとしたところで、ボレロも最高潮に!
わ~ドキドキ!


…予想通り、ライブが始まる前に《その1》はおしまい(笑)
ライブまでが長くて本当にすみません。
でも私にとっては、家を出た時からライブが始まってるのです(^_^;)
…というわけで、《その2》につづく♪



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック