へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUMP OF CHICKEN 2013 TOUR 「WILLPOLIS」2013/10/24(THU.)@北海きたえーる《その2》
2013年11月08日 (金) | 編集 |
ボレロが終わると同時に暗くなり、ザイロバンドが一斉に点灯!
歓声の中、前回の続きのようなオープニングムービーが流れました。

飛行船から命綱をつけた少年が降りて来て、空を飛ぶ大きな魚の上に降り、えら(?)をこじあけると中から小さな☆が!(前回のアニメで地面から出てきたのと同じような)
でもすぐに手から離れてしまい、宙ぶらりんで呆然となる少年。

場面が変わって、トンネルのようなところの壁を体当たりで破り、中にいた巨大なモンスター(?)と話す少年。
☆のことを話していたような…?
回想シーンのように、ショートボブの可愛い少女が現れたり、前回の地面を叩くシーンもちらりと映ったり。
めまぐるしく場面展開するので、アニメのダイジェストを見ているような感じがして、1回見ただけではストーリーがよく分かりませんでした(^_^;)

最後に、飛行船に乗ってる少年とETが大きくなったような宇宙人(?)の手元から☆が飛び立つと雲が割れ、意志のある街、WILLPOLISが現れました。
通りを歩く沢山の透明な人々…これは会場のみんなを現しているのでしょうか?
だから特定するような容姿にせずに透明なのかな?
それとも意志を持った人々という意味なのかな?
その頭上を☆が飛んで行き、通りの行き止まりにある劇場のような建物の扉が開いて中に入ると…
「WELCOME TO WILLPOLIS!」
ライブが始まりました!

薄いスクリーンの向こうで秀ちゃんのドラムが鳴り、続いて現れるヒロとチャマの影。
最後に登場した藤くんがギターを掲げた影が映ると、大歓声が起こりました。
ドラムとギターだけのイントロが続く中、チャマが手拍子を始め、みんなもそれに合わせて手拍子を続け…
「Stage of the ground,year!」
藤くんの歌声と共に歓声が上がりました。
スクリーンが落ちると同時に銀テープが飛び出したけど…スタンド席には届きませんでした(涙)
でも、キラキラと飛ぶテープがとてもきれいでした。

やっと現れた4人は、QVCと同じようにあの衣装に身を包んでいました。
ヴィジョンにはモザイクのように分割された映像が。
近いけど横から見るような場所なので、ヴィジョンを見ると前の4人が見えないし、前を見てると後ろのヴィジョンが見えない…悩ましい状況でした(^_^;)
アップも見たいけど…せっかく近いのだからと、肉眼で見える前の4人に集中!

Stage of the ground」は、初BUMPライブのうさぎツアーの二曲目でした。
その時は最初手拍子だけだったので、
「何の曲だろう?」と思い、ワクワクドキドキした記憶があります。

チャマのスニーカーは、ナイキらしきマークと底の部分がグリーンに光っていました。
後で調べたら、蓄光スニーカーというものみたい。
私のザイロバンドと同じグリーンで、ちょっと嬉しくなりました♪

続いて「firefly」!
後ろのヴィジョンには、最初MVの背景と同じLEDのようなものが映し出されました。
チャマのリードに合わせて腕を挙げ、「Woh woh~♪」と歌いました。
これこれ!去年からずっとやりたくて待ってたんだよ~!

「Stage of the ground」が終わった時、向かい側のスタンド席の二階をチームラボ・ボールが移動しているのが見えました。
ということは…と自分の頭の上を見たら、やっぱりボールが運ばれているのが見えました。
でもボールは全部後方で落とされたので、一つも触れず…一回くらい触れてみたかったな。
演奏中に時々ちらっとアリーナ後方を見たら、ザイロバンドの蛍が光る中、紫色のライトが当たったボールが踊っていてきれいでした。

チャマは1番のAメロの歌詞に合わせて、右腕を右から左にくねくねしたり、両腕を前に出したり、パントマイム(?)のような動きをしていました。
蛍が飛ぶ様子を表現していたのかな?
演奏しながら笑顔でぴょんぴょん跳ねるチャマを見てたら、思わずにやけてしまいました(*^_^*)

この曲の時だったと思うのですが、アウトロでCDには無いフェイクを入れてたような気がします。

三曲目は「虹を待つ人」。
MVの最初にある日の出のような場面がヴィジョンに映し出され、さっきは紫色のライトを浴びていたボールが、今度は虹色に光しながら、アリーナを跳ねまわりました。
ステージ前では色々な色のコンフェッティ(紙吹雪)を、スタッフさんが送風機のようなもので飛ばし、落ちたのをまた拾っては飛ばし…Cブロックくらいまでは飛んでたような気がします。
スタンド席の目の前までくるけれど、やっぱり届かない…(涙)

私の席に一番近いA1ブロックに、黄緑色のカツラを被った男性が見えました。
あれは虹を意識した仮装?それとも目立つため?
それとも…まさかのハロウィン??(笑)

この曲はヒロのギターが大活躍!
ギターソロの時はガン見してました(笑)
二曲続けてみんなで、「Woh woh~♪」と歌えて、気持ち良かった~(*^_^*)

二曲目か三曲目の途中で「北海道~!」と叫んだ藤くん。
最初の言葉が「札幌!」じゃなくて「北海道!」だったのが、なんだかとても嬉しかったです。



ここでチャマから初めてのMC。

チャマ(C)「WILLPOLISへようこそ!僕たちBUMP OF CHICKENです!
客席「おかえり~!」
C「ただいま~!地元じゃないけど(笑)

でもね、北海道以外のライブにはなかなか行けない人(私も含めて)からしたら、
「また来てくれてありがとう!北海道におかえりなさい!」
って言いたくなるんだよね♡…地元じゃないけど(笑)

C「今日ここに集まった人たちのこの組み合わせは一度きりだから、今日が最初で最後のつもりでやります。
今日本当は来たかったけどチケット取れなかったとか、風邪ひいちゃったとか、仕事休めなかったとか、色んな理由で来れなかった人にも届けるつもりでやるんで、最後までついてきて下さい!

4人で深々とお辞儀!
C「そして最後まで楽しんで欲しいから、もし具合の悪くなった人がいたら周りの人が助けて上げて下さい!
大きな拍手!

次は「オンリーロンリーグローリー」!!
ヴィジョンの分割された映像の中には、演奏している彼らと共に、MVのシャボン玉に似せたCGのシャボン玉と、ラインのひかれた地面が。

これもうさぎツアーで聞いた曲。
本編最後にまさかやると思っていなかったので、とても驚いたのを思い出しました。
もう一度聴く事が出来て、嬉しかったです。

続いての「ゼロ」は静かに聴き入りました。
前回はバレエと鳥の映像がとても素敵でしたが、今回は違う映像。
黒い画面にモノクロの4人がゆっくりと現れたり消えたり重なっていたり…上手く説明出来ませんが、素晴らしかったです。

ハーモニカ部分のギターソロも大好き♪
でもいつか、ハーモニカVer.も聴いてみたいなあ。

プラネタリウム」は、GOOD GLIDERの時とは違うギターアレンジ。
今回の方が好きかな。
後ろのヴィジョンには満天の星、そしてその中に描かれる星座たち。
揺れるザイロバンドの光も瞬く星みたいで、会場全体が大きなプラネタリウムのようでした。
ニコニコゆれながら、楽しそうにベースを弾くチャマが、とても可愛かったです(*^_^*)

次の曲は「花の名」。
藤くんを見つめながらギターをつまびくヒロの姿…何度見てもこの場面が凄く好きです。
ピックをくわえてるのも、途中からピックを持って弾くところも、肉眼ではっきりと見えました。

「僕が今日置く歌は あなたと置いた証拠で」とか
「歌う力を借りたから 声の出るうちに返さなきゃ」とか
この日も沢山の歌詞替えがあって感動したのに、全部覚えきれなくて悔しいです…(T_T)
最後のとても優しい「ありがとう」と深々とお辞儀をする姿に、胸がいっぱいになりました。

ここでチャマだけ衣装を脱いで黒のタンクトップ姿に。
秀ちゃんは気づかぬうちに脱いでいて(最初のMCの時にはもう着てなかったような…?)、いつのまにかグレーのTシャツ姿になっていました。

藤くんが青いギターを持って、イントロをつま弾く…
ダイヤモンド」だ!
イントロクイズ…は言わなかったけど、分かったよ♪

前回はアンコールでやった「ダイヤモンド」。
今回は早めに登場したので、まだ元気いっぱい(私が…笑)
スタンド席なので足踏み外さないように気をつけつつ、思い切り飛び跳ねちゃいました!

実はライブの二週間くらい前に個人的にものすごくショックな事があって、一時はBUMPの曲も辛くて聴けないくらい落ち込んでいました。
ライブまでに少しずつ立ち直ってはいたのですが、まだ心の奥でもやもやしていて…。
なので、この日聴いた「ダイヤモンド」の歌詞の一つ一つが心に沁みて、ものすごく励まされました。
本当にありがとう!

ここまでが本当にあっという間だったので、楽器を置いてステージから降りる4人を見て、びっくり。
「え?もう早や恥ずかし島の時間??」
と思ってしまいました(笑)




…ライブはまだまだ続きますが、恥ずかし島の前にひと休み。
《その3》につづく♪

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック