へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺気胸
2014年04月04日 (金) | 編集 |
本日ついに、幕張からWILLPOLIS 2014がスタートします!
本当はRAY購入者限定のライブ@新木場コーストが先にあるはずだったのですが、藤くんの肺気胸発症によって7月に延期になりました。

背が高くて痩せてる人がかかりやすいと言われている、肺気胸。
「大丈夫じゃないように見えますか?それは僕が痩せてるからですか?」…なんて、以前ライブのMCで言ってたけど、本当に大丈夫じゃなくなってしまいました。

実は夫も以前かかったことがある病気です。
背は高い方だけど痩せてもいないしなぜなのかな?と思っていました。
ネットで調べたら、正式名称は自然気胸とのこと。

2つのタイプがあって、1つは、肺気腫や塵肺など、肺に器質的な病気を持っている方が起こす続発性自然気胸、もう1つは、体質的に肺の表面を覆っている膜が浮き上がって泡状の病変(ブラ、ブレブと呼びます)を持った方が起こす
原発性自然気胸です。



…なるほど。
藤くんも夫も、後者だな。

ブラ、ブレブとは、肺の表面の一部が、ちょうど泡や風船のようにふくれる病変で、長身で痩せ型の男性にできやすく、15歳~25歳にできると考えられています。
このブラ、ブレブが破れて空気が漏れ、肺が縮むのが自然気胸です。

ブレブの破裂は、運動や怒責(どせき、いきむこと)、咳などで肺胞内圧が上がった場合や、飛行機やダイビングなどで大気圧が低下した場合に起こりますが、ほとんどの場合は安静時に起こります。
突然の胸痛、乾いた咳、呼吸困難などが起こったら、特に背が高く痩せていて、たばこを吸う男性の方は、自然気胸が疑われます。



これだ!夫の原因は。
年々軽いものにはなってたけれど、一日二箱以上吸うヘビースモーカーだったのです。
お医者さんはたばこが原因じゃないと言ったけど、関係あるじゃないのよね。
気胸で入院したのを機に「再発したら困るから」とたばこをやめるように説得したのですが、それまでいろんな方法でやってもダメだった禁煙が、一週間の入院の間吸えなかったことであっさりと成功し、今に至るのでした。

藤くんも以前はたばこ吸ってたような気がするし、背が高く痩せてるはその通りだし、若い頃にブラやブレブが出来ていたのかもしれませんね。




肺を覆う肺胸膜(内側の胸膜)と壁側胸膜(外側の胸膜)の間には胸膜腔があります。
この胸膜腔の圧力作用により肺は膨らむことができるわけです。
その圧力作用が働くなくなること、胸膜に穴が開いた状態になることにより肺気胸となります。



この説明は、お医者さんから伺いました。
レントゲン写真を見たら、右の肺が左の半分くらいに縮んでいて、これは苦しいなあ…と思いました。

軽度の気胸では自宅安静のみで、外来通院で経過を観察します。
破れた穴が自然に塞がり、漏れた空気が吸収され、肺が元通りに広がるのを待ちます。

中程度以上の気胸の場合は、胸腔ドレナージという治療を行います。
これは、胸腔内にドレーン(チューブ)をいれ、溜まった空気を体外に抜きながら、肺に開いた穴が自然に塞がるのを待ちます。
数日~1週間程度で穴が塞がるので、穴が塞がったらドレーンをはずしますが、この治療は入院が必要です。

この胸腔ドレナージを行っても肺が広がらなかったり、再発を3回以上繰り返した場合などは、手術が行われます。
手術では、ブレブを切除したりレーザーや高周波により加熱凝固したりする方法があり、全身麻酔で行います。
最近の手術は胸腔鏡手術が主であり、以前のように胸を大きく開く手術と比べて手術の傷も小さく、痛みも少ないため、初めて気胸を起こした方でも、希望すれば手術を行う病院も増えています。



夫の場合は中程度以上だったようで、二番目の胸腔ドレナージの治療でした。
幸いそれで穴が塞がり、手術はせずにすみ、一週間ほどの入院でした。
藤くんは手術をしたそうですが、発症してすぐ手術、退院も早かったようなので、ツアー前という事で初めてでも胸腔鏡手術を希望したのではないかと思います。

皆さんは肺に穴があくとか手術と聞いて、ものすごく心配されている事と思います。
でも夫は胸腔ドレナージで肺が広がった途端、それまで熱も出して苦しそうだったのが急に元気になりました。
穴が塞がったらすぐ退院して、仕事に復帰するのも早かったです。
藤くんも胸腔鏡手術なら回復も早くすぐ退院できるし、今は元気になってると思います。

夫はそれから十年たちますが、再発はしていません。
でもデスクワークの夫と違って、藤くんは歌うお仕事で、しかもこれから何ヶ月もツアーが続くので、体力低下や再発が心配です。
幕張の次の名古屋まで10日間、その次の石川まで一週間…と間が空くので、ライブ以外は出来るだけ体を休めて欲しいですね。
再発もなく、ツアーを無事乗り切れるようにと、心から祈っています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック