へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUMP OF CHICKEN TOUR 「WILLPOLIS 2014」2014/5/31(SAT.)@北海きたえーる《その2》
2015年06月10日 (水) | 編集 |
一日目
この日の私のいでたち。

席に着く前に、空いているうちにいっちゃおうということでトイレへ。
きたえーるのトイレはバッグをかけるところがドアの一番上についていて、ちびっこな私は一生懸命背伸びしてやっとこすっとこ届くのです。
毎回足が攣りそうになるのですが、今回は本当に攣ってしまいました(^_^;)

BOC-ARの設定を確認してから、会場内へ。
座席はチャマ側、ロイヤルボックスの左隣りの辺り。
初めてのスタンド席、一列目♪
トイレでバッグをかけるのに足が攣っちゃうほどのちびっこ…スタンド席でも前に背が高い人が来たら見えにくくなるので、前の席の人が来るまで不安でたまらないのですが、今日はそんな心配なし!
見晴らしがよくて幸せ~(*^_^*)
前回はステージに近過ぎて、ステージサイド席みたいなところだったけど、今日はスタンド席の真ん中よりちょっとだけ後ろのところなので、ステージの四人とバックのスクリーンの映像が一緒に見られて前より全体が見やすいかも。
道東からはるばるのYoccoさん、息子さんの運動会を終えてかけつけたちっこさんとも会場でお会いして、お土産を渡しました。

スクリーンにはザイロバンドの説明映像が流れています。
今回もニコル(腕だけ)が登場。
ザイロバンドをはめるときに、ニャロメみたいな手がきゅっと縮まるのがめんこいな♡
この映像もDVDに入れて欲しいなあ…。

アリーナも各ブロック徐々に埋まってきました。
背が高い由月さんも発見!
恥ずかし島に行く時にタッチできそうな場所にいるのが見えました。
やっぱりいいなあ…アリーナ。

実は今回2days参加という事で、いつもスタンド席のyuri-さんと私も一日だけアリーナに挑戦してみようか?と話していたのです。
でもチケットはスタンド席しか当たらず。
やっぱり、「小さいからアリーナはやめといた方がいいよ」ってチケットの神様の思し召しかしら…とあきらめたのでした(笑)

今日お会い出来なかった音もだちも、会場のあちこちにいらしてるのでしょう。
みんなでお揃いの記憶が出来るのが、嬉しくてたまりません。

SEは今回もボレロ。
徐々に盛り上がっていく演奏と共に、気持ちも高まっていきます。
今まではその日が最初で最後のライブだから、始まったら終わってしまうのが悲しくて、楽しみと切なさと緊張が入り混じって、胃が痛くなるのです。
でも今回は初めての2days!
今日が終わっても明日がある♪
その分切なさは少なめ…とはいえ、やっぱり緊張して胃が痛くなるのでした(笑)

手拍子しながらドキドキが激しくなっていき、いつものように(?)10分押しでクライマックスに!
客電が落ちて始まったオープニングムービー、まさかのセリフ有りでびっくり!
聞いたことあるようなないような…誰の声だろう?
前回流れたものに新しい場面も加わっているけれど、やはりストーリーのダイジェストのような映像が「WILL」に乗って流れます。
最後に街(WILLPOLIS)に着いて、一番奥の劇場のような建物の扉が開いて…
「WELCOME TO WILLPOLIS!」
拍手と歓声と共に、ライブが始まりました!




まだ幕が降りたままのステージから、秀ちゃんのドラムが聴こえてきました。
ドラムに合わせて手拍子しながら、両脇の小さいスクリーンに写しだされる幕の向こうの様子にドキドキ。
一人ドラムを叩く秀ちゃん、そこにやってきてギターを弾き始めるヒロ。

アルペジオの前のギターのアレンジは、半年前よりさらにかっこよくなっています♪
ちゃまも加わり、タオルを掲げたあと手拍子をするシルエットが映ります。
最後に藤くんが登場、ゆっくりとギターを掲げる姿に大歓声!

ヒロのアルペジオに藤くんのギターが加わって…
「Stage of the ground!」
「Yeah!」
拳を上げて、藤くんの歌声に応えます。

幕が下りると同時に、パーン!と音がして銀のキラキラテープが降ってきました。
前回よりも広い範囲に、スタンド席の方へも飛んできたけれど…もうひと息のところで取れませんでした(^_^;)
ステージには新しい衣装の四人が!
後ろの巨大なヴィジョンには前と同じような、ザイロバンドの色に分割された画面のそれぞれに、一人ひとりの姿が映っていました。
ちゃまのベースは、新しい黒のベース♪

Stage of the ground」に続いて「firefly」のイントロが。
ちゃま(以下C)「一緒に~!
思い切り拳を上げて「Woh oh…!」と歌いました。
ヴィジョンは今回もMVのような画面。
「蛍みたいな欲望がハートから抜け出して…」という歌詞に合わせたジェスチャーをするちゃま。
前回より長くやってたような…?
藤くん、途中で声が裏返ってしまうところがありました。
肺気胸の影響かな?
げっそり痩せたし…大丈夫かな?
なんて、少し心配になりました。
スタッフさんがチームラボ・ボールをスタンド席にも飛ばしてくれたけど、残念ながら届かず…(^_^;)
サビではレーザー光線も飛び交ってキラキラでした。
アウトロで藤くんが入れるフェイク、去年は記憶に自信が無かったけど、今回はしっかり確認!
間違ってなくて良かった(*^_^*)

虹を待つ人」のイントロと共に、ボールの色がよりカラフルになり、今度は最初からレーザー光線も飛びます。
コンフェッティは前回より大量に飛んでいたけれど、やっぱりスタンド席には届かないなあ。
半年前の時、きたえーるではなぜか弾かなかったイントロのちゃまのシンセ、今回は見ることが出来て良かった!
間奏のヒロのギターソロと、そのあとの「…タタン!」って入るドラムが大好き♪
再び「Oh oh…!」と大声を出して歌いました。
四人もヴィジョンに映るお客さんの顔も、みんな笑顔♪
その顔が揺れるようにぶれぶれに映るのは…もしかしてボールのいくつかにカメラがしこんであるのかな?
…なんて思ったのですが、どうなんでしょう?

3曲終わったところで衣装を脱いでTシャツ姿になった秀ちゃん。
カーキ色の無地Tでした
ここまでずっとちゃまは新しい黒のベース。
このあとは水色やピンクのベースを使っていたかな?

C「WILLPOLISにようこそ~!
僕たちBUMP OF CHICKENです!

大歓声!!
C「この会場にいるみんなのこの組み合わせは一度きりです!
チケット取れなかったとか、仕事だとか、病気だとか、失恋して落ち込んでるとか…。
色んな理由で来れなかった人にも届くようにやるので、宜しくお願いします!

と、お馴染みのMCで始まりました。

C「3月に『RAY』というアルバムを出しました。
聴いてくれた人!

客「は~い!!」
沢山の手が上がり、ちゃま、深々とお辞儀。
C「ありがとう!
その中の曲をやります!


サザンクロス」の2番の途中からの早いアルペジオにドキドキしてしまう私…ヒロを見守る母か(笑)
「祈るばかり」で手を合わせてお辞儀するちゃまも、「この瞼の裏に」のところで瞼を指さす藤くんも、可愛いな。
ちゃまと藤くん、ヒロの三人がアウトロのところで向かい合い、リズムに乗って弾く姿も好きです。
CDでは「君の声で」の後すぐ重なるように「どんな今を…」と続くのですが、ライブでは省略するんだね。

続いて「ラストワン」。
とても耳が痛い歌詞なんだけれどけれど、好きな曲。
この曲も「Woh woh…」と一緒に歌えるがあって嬉しいな(*^_^*)

この辺りで3人も衣装を脱いだんだったかな?
ちゃまはグレーのタンクトップとお揃い(?)のハーフパンツ。
赤い靴がとてもめんこい(笑)
ヒロはグレーっぽい無地Tで、藤くんはブルーの無地T。
ヒロのクラゲTシャツ見てみたかったな(笑)
藤くんの鎖骨ニコルも、後で確認しました♡

C「前の方ぎゅっとなってるよ!
寿司みたいに。

寿司って例えに会場爆笑。
C「いや、笑い事じゃないから!
具合の悪い人いたら、周りの人が助けてあげてね!


盛り上がる曲が続いたあと、静かに始まった「花の名」。
ピックをくわえて藤くんを見つめながら、一つ一つの音を丁寧に弾くヒロの姿、何度見ても好きだな。
暗い会場中に広がるザイロバンドの光が、一面の花のようで綺麗でした。
「歌う力を借りたから声の出るうちに返さなきゃ」とか、いっぱい歌詞替えがあったと思うけど、どうしても覚えておけないこの頭が憎い…(^_^;)
藤くん(以下F)「どうもありがとう
…本当に優しくて、心に染みる一言でした。

GOLD GLIDER以来の「Smile」、後ろの映像は前に見たのではなく、井上雄彦さんのアニメでした。
DVDでは見たけれど、ライブで見るのは初めてで感激!
この曲はシングルで出した弾き語りバージョンと「ゼロ」のカップリングのバンド・バージョンがあるけれど、私はライブで聴くバンド・バージョンが一番好き。
輪になって演奏する最後のリフのところが特に好きで、今回も迫力に圧倒されました。
会場中が聴き入っていた曲が終わり、一瞬の静けさの後、大きな拍手が起こりました。

今度はGOOD GLIDER以来の「R.I.P.」。
「今がこれほど~」と伸ばすところ、CDよりも力強く長く伸ばしていたように思います。
ヴィジョンはMVに似たところと、四人のストップモーションぽいやつが混じってるような感じだったような…(^_^;)
初めてライブで聴く事が出来たyuri-さん、良かったね♡

ここで楽器を置いて、ステージから降りる四人。
スタンド席は指をくわえて見てる(?)しかない、恥ずかし島へ移動の時間がやってきました(笑)
恥ずかし島は前と同じ場所。
Orlyさんとなおさんの席のすぐそばだったようです。
いいな~♪

とても切ないので、羨望と嫉妬の時間はさらっと流し(笑)、四人は恥ずかし島に到着。
秀ちゃんはカノープスの緑のドラムセットに座り、藤くんは黒のアコースティックギター、ちゃまは細長いアップライトベース、ヒロは赤いギター(今までも見たことがあるストラトじゃなく新しいものでした)を構え…

最初の曲は「銀河鉄道」でした!
8年前の初めてのBUMP LIVEで聴けたこの曲。
カップリングだし、もう一度聴く事が出来るとは思っていなかったので、本当に嬉しくてたまりませんでした。
歌詞がYOUと私のことのようで…涙が出ました。
「荷物の置き場所を 一人で守って来たのだろう」
そんな歌詞替え、反則です…(T_T)
私の所からはみんな殆ど後姿か横顔だったけど、今までで一番恥ずかし島が近かったので、マイクを通さない生の唄声も少し聴こえました。

C「改めまして、BUMP OF CHICKENです!
さっきからしゃべってるこの金髪野郎、誰かな?と思ってるよね。
BUMP OF CHICKENのしゃべり、ベース、賑やかし、金髪担当のちゃまこと直井由文です!
反抗期でこんな頭になっちゃいました!

…そうだったのか(笑)

C「そして、先日Twitter始めちゃいました!
アカウント覚えて帰って下さい!
@boc-chama!@boc-chamaです!

ここで目を閉じて瞑想するようなポーズをして
C「心を一つにして…せ~の!
会場全体が心を一つにして、
「あっと・びー・おー・しー・はいふん・しー・えいち・えー・えむ・えー!」と叫びました(笑)
C「ありがとう!
みんなのTwitterにもし余裕があったら、フォローお願いします!

4月に始めて以来どんどんフォロワー増えてるのに、まだ足りないの?(笑)

C「この人がいないと始まらない!
BUMPの作詞、作曲、歌、そしてギター担当の藤くんこと藤原基央!

ここで藤くんコールが沸き起こりました!
藤くん苦笑しつつ
F「い、いえ~い!
みんなやスタッフのおかげで、ツアーも無事折り返して後半1本目です。

ここでかな?
ちゃまがお座りしたままお辞儀するところがあって、その時の後姿がとてもめんこかったです(笑)

F「昨日札幌に着いて、四人で散歩したんだけど、北海道寒いよね?
「え~!?」とか「あったかいよ!」「暑い!」と反論するお客さん(笑)
昨日は曇りで、今日ほどは暑くなかっただろうけど…寒くは無かったよ。
藤くん、お肉が無さ過ぎるから寒いんじゃ…(笑)
F「僕は寒いと思うんだけど、そう言ったら北海道の人はみんなあったかいって言うんだよね(笑)
…だって、あったかいどころか、5月とは思えない暑さなんだもん(笑)
F「…盛り上がりのない話はこれくらいにして、前の男が次の男を紹介します。

C「…前の男です(笑)
座ってたヒロが慌てて立ち上がり、沸き起こるヒロコール。
H「…いえ~い!
…藤くんの真似したな(笑)
C「昨日みんなで食事に行ったんだけど、北海道の美味しいものと言ったら、イクラとかカニとか鮭とかいろいろあるでしょ?
なのに、この男が最初に頼んだのは…海ぶどう(笑)
ギター、増川弘明!

海ぶどう?
それって、沖縄とか南の方の名産では?(笑)
ヒロ(以下H)「だって、生きてる海ぶどうって書いてあったから。
生きてる?
海ぶどうって、海藻では??
H「いや、生きが良いってことなんだけど(笑)
なら、そう言ってよ(笑)
H「…他にも食べたよ!ミニイクラ丼とか、カニ汁とか、その、厚切りハム…ベーコンとか。
ハム?ベーコン?どっちなの??(笑)
お客さんから「一番美味しかったのは~?」と聞かれて
H「…海ぶどう
…そんなに美味しかったのね、生きてる海ぶどう(笑)

C「初めての人は知らないかもしれないけど、しゃべりません(笑)
でも見るからにインテリジェンス!
ドラム、升秀夫!

F「俺は本なんか読んでなさそうでしょ?
でも、秀ちゃんは見るからに読んでそうでしょ?

C「飛行機の中でもずっと読んでんの。
何読んでんのかな~?って思って見たら…『暗号の解~き方』(笑)
秀ちゃん、何があったの!?
何に追われてるの??
…長い付き合いなんだけど、良く分かりません(笑)

暗号の本なら、私も持ってるよ。
…いや別に、何にも追われてないけど(笑)

恥ずかし島の2曲目は「歩く幽霊」!
この曲をライブで聴ける日が来るとは、思ってもいませんでした。
「友達の唄」と一緒に撮ったらしいMV…どうなったんでしょう?
間奏の時、後ろポッケからシャキーン!という感じでハーモニカを出して高く掲げ、吹き始める藤くん。
初めてハーモニカを吹くところも見ることが出来て、嬉しかったな(*^_^*)
なんでDVDに入れてくれなかったのかな…。
恥ずかし島の時間は短いけれど、何も演出が無くて四人の演奏に集中出来る、大好きな時間です。
…アリーナの様子に嫉妬はしちゃうけど(笑)


…やっぱり終わりませんでした。
《その3》につづく(笑)




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック