へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕
2006年08月07日 (月) | 編集 |
060807sunsetなぜか分かりませんが、北海道ではひと月遅れの今夜が七夕のところが多いのです。
7月7日は雨降りだったような気がするのですが、今夜は一応晴れ。
織姫と彦星は会うことが出来るでしょうか?
七夕の夜は、子供たちが「♪ローソク出せ出せよ 出さないとかっちゃくぞ おまけに喰いつくぞ!」(歌詞は多少地域によって違います)と歌って近所の家を回り、お菓子をいただくというハロウィンみたいな風習があります。
この時期が近づくと、スーパーには七夕用にお徳用or業務用のような大袋のお菓子が並び、大人達はどれくらい必要か頭を悩ませながら買います。
060807nuts
MEが回っていた小学生の頃は、途中でお菓子が足りなくなるくらい沢山の子供たちが来て、MEやYOUのおやつに買ってあったお菓子まで配った事もありました。
でも、徐々に回ってくる子供たちも減ってきて、昨年はうまい棒が何十本も入った袋を二つ買ったのに来たのはたったの二組、5人。大量に余ってしまいました。
今年は余ったら夫のおつまみにもなるナッツの小袋にしてみましたが、やっぱり三組、10人ほどでした。

近所の子供たちが成長したせいもあるでしょうが、近頃何かと物騒な事が多いので、夜子供だけで歩く事が難しくなってきているのかもしれません。

060807fireworksお隣の町内会では、毎年七夕に花火大会をやります。
打ち上げが多くて、なかなか見ごたえのある花火大会…ちょうど窓から見えたので写してみました。

今はお菓子をいただくのが主流ですが、私が子供の頃は本当にローソクで、たま~に鉛筆をいただくくらい。
ちょうちんを持って、いただいたローソクは浴衣の袂に入れて、近所を回りました。
いただく事が嬉しいのではなくて、夜お友達と一緒に歩くという事そのものがとても楽しかったな。

時代の流れかもしれませんが、子供の頃の思い出としてずっと残る、こんな風習が消えつつあるのは何だか寂しい気がします。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック