へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星、危うし!
2006年08月24日 (木) | 編集 |
先日、太陽系の惑星が9個から一気に12個に…というニュースを読んで、水金地火木…と呼べない、カタカナ名前や数字の名前の星をどうやって覚えよう…?と悩んでいました。
ところが昨日のニュースでは、増やすのはやっぱりやめて、冥王星をはずして8個にしようという修正案が出され、その方向に向かっているとか。

冥王星がどうなるという事だけではなく、惑星の定義とか小惑星の定義とか、色々複雑な問題があるようです。
ただ星を眺めるのが好きなだけのド素人の私としては、いくら遠くて見えない星とはいえ、長年太陽系の惑星として親しんできた冥王星が惑星でなくなっちゃうのは、仲間が一人減ってしまうようで寂しいと言うか複雑な気持ちになっちゃいます…(ーー;)
「水金地火木土天海」に、本当になってしまうのでしょうか?
今日、最終決定がなされるようです。

関連ニュース:AstroArts
太陽系再編(1)」「太陽系再編(2)」「太陽系再編(3)」「太陽系再編(4)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
栗太郎さん、こんばんは!
ついに発表されましたね。冥王星は「惑星」から除外されてしまったようです。一時は増えると言われていた惑星ですが、逆に減ってしまいましたね。「水金地火木土天海」かぁ~(^^;)
太陽系再編(1)~(4)まで頑張って読みました。理解するのに少し時間がかかりそうです(笑)でも、どうして惑星は球体なのか、ずーーっと気になっていたのですが、再編(2)でその理由が判明したのでスッキリしました☆ありがとうございました♪
2006/08/24(木) 23:43:42 | URL | Pola #SFo5/nok[ 編集]
Polaさんへ
こんばんは!
やっぱりと言うか、とうとうと言うか、冥王星は惑星ではなくなってしまいましたね…(><)
冥王星自身は自分が何だろうと、全く気にしてはいないでしょうが(笑)、何だか複雑な思いがします。

惑星に加えようと名前の挙がっていたセレス、2003 UB313とともに、dwarf planet(まだ訳語も決まってないみたいですね)に分類されるようですね。
衛星の定義もこれから決めるとか…。
まだまだ色々と変更になる事がありそうです。
2006/08/25(金) 04:43:19 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
そうなんだぁ
どっちになるか、というニュース聞いた後、TV消してしまったので、、、
ここで知りました。
冥王星、除外されたんですね~
関連ニュース、これから読みまーす☆
宇宙のことと古代(恐竜時代)のことは、技術の進歩等で新事実が出てくるせいとは思うけど、教科書に書かれるような事実さえどんどん変わって行きますね。
記憶力がなくなっていく分、忘却力だけが増強されていく気が・・・(つд⊂)
2006/08/25(金) 04:59:04 | URL | Kumi #WGv/JGO2[ 編集]
Re:そうなんだぁ
Kumiさん、お早うございます。
dwarf planet、今朝の新聞では矮惑星、NHKのニュースでは矮小惑星と訳していました。
まだ惑星の定義などが決まったばかりで、日本の対応までは決まってないのかもしれません。

ズームインで報道されていましたが、アメリカでは唯一アメリカ人が発見した惑星であった冥王星が大変親しまれていたとの事で、今回の決定を残念がる声が非常に多いそうです。

最新の関連記事、ご参考までにお知らせしますね。

「AstroArts:【速報】太陽系の惑星の定義確定」
http://www.astroarts.co.jp/news/2006/08/25planet_definition_flash/index-j.shtml
「国立天文台:惑星の定義について Q&A」
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0508.html

宇宙の事、恐竜など古い時代の事…まだまだ未知の事が沢山ありますね。
良く分からないから神秘的で惹かれてしまうのかもしれません。
2006/08/25(金) 08:32:34 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック