へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雲の季節?
2006年09月05日 (火) | 編集 |
060903cloud2
日曜日、正午前の高く上がったお日様の周りに出来た彩雲…06/06/02の記事以来、久し振りに出会うことが出来ました。
車庫の陰でお日様をよけながら写真を撮ったのですが、それでもまぶしくて涙が出ちゃいました。
060903cloud1
雲の下に透けるような二つの白い影…この日もトンボが沢山飛んでいました。

「この時期は彩雲になりやすい気象条件で、10日間に4日は彩雲を見る事が出来る。」という話を、父がある天気予報でちらっと聞いたそうです。
「この時期」がいつからいつまでなのか、全国的になのか北海道の事なのか、詳しいことは良く分からないのですが…。
060904Sun Dog
こちらは昨日の朝5:45頃に見えた幻日。
本当のお日様はこの左側、隣のおうちに隠れて見えませんでした。
一瞬虹かと思った幻日。
初めて見る事が出来ました。
060904cloud4

060904cloud3
束の間の幻日が消えたと思ったら、お日様の上の方に彩雲が現われました。
前の日ほど鮮やかではなかったけれど、こんな早朝に、そして2日続けて見る事が出来るなんて。
やっぱり今は、「彩雲の季節」なのかも知れません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
とっても綺麗(*^_^*)
こんばんは、栗太郎さん♪

私はこの栗太郎さんがアップしてくださってる画像で
初めて「彩雲」という素敵な存在を知りました☆彡
今回の彩雲もとっても綺麗(o´∪`o)!
ホントにまるで虹みたい。。。

初めて栗太郎さんがアップしてくださった画像で彩雲を見て、
今回またこの綺麗な画像を見たときも最初に思ったのですが、、、
わたしにはこの彩雲のきらめくような色合いを見て、
「天気のいい日にシャボン玉の中から世界をみたような色。。。」って思ったんですよね(*´ w`)
それは虹とはまた違った感じで。。。
近頃はもうめっきりシャボン玉を飛ばすこともなくなったんですけどね(*´ I`*)
小さい頃はよく市販のシャボン玉液じゃなくても、
ストローと家にある食器洗い用洗剤を薄めて作っては飛ばしていましたね♪

そういえば・・・「オンリーロンリーグローリー」の女の子もシャボン玉を飛ばしていましたね(u_u*)
私は、今はホントに元気に毎日車校に行ったり、本をいっぱい読んだり、
実家にいるので母に料理を習ったり・・・笑
少し前は、正直心身疲れて、なんか病んだような気分になってた時期もあったんですよね(´-`)
BUMPの曲を体が、心が拒否してしまうほどに。。。
でも回復しそうな時に聴いたのもBUMPでした。
栗太郎さんが聴いた「supernova」「オンリーロンリーグローリー」。
私を回復させてくれた時みたいに、
きっと栗太郎さんにも優しい、背中を押してくれるような光になりますよね(*^_^*)!

おぉーぅ汗!なんかまるで自分のブログみたいに
めちゃくちゃ長く書いてしまって・・・(>_<;)
し、失礼しましたーー汗汗
また遊びにきますね(☆´∀)八(∀`★)
ではでは☆☆
2006/09/05(火) 20:01:18 | URL | 綾 #aiMm5YXE[ 編集]
Re:とっても綺麗(*^_^*)
綾さん、こんばんは♪
長いコメント、全然OK!…というか、沢山書いて下さって嬉しいです!

綾さんの仰るとおり、彩雲の色はシャボン玉の表面みたいに淡くて、雲の形も色の濃さも刻々と変化していくのです。
儚い美しさもシャボン玉と同じですね。
お日様に薄~い雲がかかっていたら彩雲が見られるかも知れないので、時々空を見上げてみて下さいね。
綾さんにも本物の彩雲を見ていただきたいな…♪

先日車の中で聴いた「supernova」。
カーステレオの曲って、前に駐車した時の続きで途中から始まることが多いのに、この時はエンジンスタートと同時に一番最初の音から始まったのです。
それだけでもびっくりしたのに、静かな夜明けというシチュエーションにぴったりで、いつにも増してじ~んとしてしまいました。
「オンリーロンリーグローリー」と共に優しく背中を押してくれましたよ。
こちらの記事の事も書いて下さってありがとうございました(*^^)

仮免合格、おめでとうございます!
次はいよいよ本免ですね。
頑張って下さいね!応援していますよ~☆彡
2006/09/05(火) 22:04:20 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック