へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭山動物園(その6)
2006年10月30日 (月) | 編集 |
061023seal7
芝生に世界中のアザラシ大集合!?
実は職員の方々の手作りの実物大のパネルです。
旭山にいるのは、左下のゴマフアザラシ。
右上のゾウアザラシは、トドや小さいクジラみたいでびっくり。
近くにいる人と大きさを比べてみて下さいね。

午前中しか時間が無かったのと、寒くなって外に出られない動物もいたりして、全部の動物を見る事は出来ませんでしたが、混雑していなかったのでゆったりと見ることが出来ました。
最後にあざらし館へLet's go!
061023seal1すいすい~っと気持ち良さそうに泳ぐアザラシ達。
円柱水槽をアザラシが通る度に歓声が上がります。
実はアザラシも水槽の中から人間たちの様子を見るのが楽しくて、何度もここを通るのだそうです。
こうやって観察すると、アザラシもペンギンも水中で泳ぐのに最高の体型をしているという事を実感します。
061023seal6

061023seal2この円柱水槽の回りの床も透明になっていて、足の下を泳ぐ姿が見られます。
この日、底の方にじっとしているアザラシが一頭。
いつまでも動かないので、見ている人たちから「…生きてる?」「大丈夫?」という声が上がりました。
よ~く見るとかすかに動きが。
「生きてはいるみたいだよ。」「…病気かな?」と心配していると、突然泳ぎ始めて上に上がっていきました。
お客さんたち皆で「良かったね~!」とほっと一息。

後で聞いた説明によると、アザラシはとても長い時間水にもぐっていることが出来るので、水槽の底で動かないでいる事はよくある事で、心配したお客さんから「死んでますよ~!」って言われる事もしょっちゅうなのだそうです(笑)。
病気じゃなくて良かった~(*^^)
061023seal3
もぐもぐタイム(餌やりと説明の時間)が近づくと、アザラシ達はみんな水面に上がってきて、そわそわし始めます。
061023seal8
飼育係のお姉さんが魚をポイッ!
061023seal4
ナイスキャッチ!
アザラシもペンギンも、必ず頭から魚を食べます。
そうしないと、うろこやひれがひっかかってしまうのだそうです。
試しにお姉さんが逆さまに口に入れると、一度出して頭から食べ直していました。
061023seal5
最後の一匹を後ろ手に持っているもう一人のお姉さん…
2頭のきょうだいアザラシが「僕にちょうだい!」「私にちょうだい!」って感じで、ウロウロしている姿が可愛かったです。
061023zoo3
久し振りの動物園…もっともっとゆっくりしていたかったけれど、MEの授業参観の時間が迫ってきたので帰ることにしました。

11月3日から冬期開園。
ペンギンの雪中散歩も久し振りに見に行きたいなあ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
吸い込まれましたvv
ありがとうございますvvv栗太郎さん。もう吸い込まれる様に「旭山動物園1~6」を読破。癒されました~。雑誌やテレビでよく見る様子が、ホントに見れるんだ~と感動しました(シロクマさんやアザラシさんの写真)アザラシさん、見てみたいな~。
やっぱり近いうちに行ってみたいなぁ、と行きたい願望がまたムクムクと(笑)でも飛行機に乗るのは嫌なので、辿り着くまでがまず問題なのです;;
北海道はもう氷が張っちゃうくらい寒いんですね。こちら(大阪)は、今が一番過ごしやすいです。お風呂上りも汗だくにならないし、冷房や暖房のお世話にならずにまだ過ごせます。
夏が嬉しい動物、冬が嬉しい動物、それぞれですね。ホッキョクギツネは-50℃まで大丈夫なんて…!!!その秘訣、教えて欲しいです(笑)
そして、ペンギンさんは、脚悪くしないんでしょうか;;膝、悪くならないんでしょうか;;人間がずっとあんな姿勢でいたら、きっとどこかが痛くなってくると思うのです。ちょっと心配になっちゃいました。
本当に素敵なお写真と解説、ありがとうございましたvvv
2006/10/30(月) 18:16:15 | URL | そらのあお #-[ 編集]
Re:吸い込まれましたvv
そらのあおさん、こんばんは。
随分前ですが、今くらいの時期に大阪に行った事があります。
本当にちょうど良い気候で、お天気も良くて、とても過ごしやすかったのを覚えています。
また行きたいなあ~♪

動物園のお話、始めは(その3)くらいで終わるつもりだったのですが、皆さんに沢山写真をお見せしたくて…こんなに長々と書いてしまいました。
全部読んで下さってありがとうございます。
大坂から飛行機以外でいらっしゃるとすると、新幹線で函館までいらして、そこから特急で6時間くらいかな…とても遠いですね(^^;)
でもいつかきっと!いらして下さいね。

ホッキョクギツネは夏とは別の動物のように毛がフサフサになって極上のコートを着込むので、-50℃よりもっと寒くても大丈夫らしいです。

> そして、ペンギンさんは、脚悪くしないんでしょうか;;膝、悪くならないんでしょうか;;

私もそう思いましたが、ペンギンは海中で飛ぶために今のような体に変化したそうなので、きっと大丈夫だと思いますよ~(*^^)♪

参考記事:「科学大好き土曜塾」
http://www.nhk.or.jp/daisuki/galileo/onair20040522.html
2006/10/31(火) 04:46:07 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック