へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パウル・クレー~創造の物語~」
2006年11月07日 (火) | 編集 |
060830museum
8月29日~10月9日、北海道立近代美術館にて開かれた「パウル・クレー~創造の物語~」に行ってきました。

一昨年のピカソ展、昨年のイサム・ノグチ展は、夏休みにMEと札幌に遊びに行ったついで(私の目的はそれなのですが)に観てきました。
でも、今年の夏休みはV6のコンサートがメインだったし、パウル・クレー展は夏休みが終わったあと。
絵を観る為だけに札幌に行くのは贅沢かな…とあきらめようかと思いました。
けれど、今回は北海道では初めての本格的なパウル・クレー展。
大好きなパウル・クレーの絵を、本物をこの目で観たい!
行かなきゃ後悔するかも…何日も悩みに悩みました。

そんなある日、札幌の前は川村美術館で開催されていたと知りました。
千葉県佐倉市の美術館で開催されていたものが札幌にやってくる!
これはもう運命(?)だと勝手に思い込み、その勢いで行く事に決定!
ローソンで前売り券を買い、YOUの現場実習の関係で後にも先にもこの日しか無い!という8月30日、MEを宿泊研修に送り出してから高速バスで札幌に向かったのでした。
約150点の作品の数々…画集では分からない素材感、本当の絵の色を目にすることが出来て大感激。
始まったばかりの平日で余り混んでいなかったので、少し進んではまた戻り、気に入った絵を何度も何度も繰り返し眺め…気がついたら3時間もたっていました。
060830Paul Klee
いつまでも去り難い気持ちを押さえ、ミュージアムショップで図録とクリアファイル、そして今回の展覧会では残念ながら観る事が出来なかった大好きな天使の絵のポストカードを買って、外に出ました。
060830sculpture1
美術館の庭にも沢山の野外展示作品があります。
今までは玄関前の大きくて目立つものしか見たことがなかったので、今回初めて芝生の庭の方に行ってみました。
そこで心惹かれた作品二つ。



左:山内壮夫 作「子を守る母たちⅡ」
下:本郷新 作「嵐の中の母子像」
060830sculpture2
関連記事
コメント
この記事へのコメント
栗太郎さん こんばんは。
北海道、大変なお天気のようですね。栗太郎さんのおうちのあたりは大丈夫ですか?

私も美術館大好き人間ですが、「3時間」はステキねー(笑)クレー、堪能されたんですね♪
そして川村記念美術館がその前だったなんて!とても環境の良い美術館なんですよ。オススメです!佐倉そのものって感じの風景の中にあります。HPをみるとわかっていただけるかも。送迎バスが駅から出ていますが、帰りに京成佐倉駅に向かうとき、あの高校前を通るはずです♪
いつか栗太郎さんが川村美術館に行くことが出来ますように・・☆
2006/11/08(水) 00:06:13 | URL | ショウ #snujudlg[ 編集]
ショウさんへ
こんにちは。
ご心配ありがとうございます。
私のところは昨日雷がひどかったくらいで何事もありませんでしたが、佐呂間町で竜巻の大きな被害があり、胸が痛みます。

一人だったので、ゆ~っくりと見て、順路を無視して何度も戻って、思う存分好きな絵を目に焼き付けてきました。
川村美術館のサイトを見ましたが、本当に素敵な所にあるんですね。
札幌の芸術の森美術館の周囲の風景と似ているかも…。
しかも送迎バスがあの高校の前を通るなんて!
是非一度行ってみたい美術館です(目的はあくまでも絵で…笑)。

そういえば先日ズームインで、千葉のそごう(でしたっけ?)デパートの歴史的建造物を再現しているフロアが紹介されていました。
慌ててTVの側に行ったのですが、メインはレストラン街で、そのフロアはほんの
ちょっとしか映らず残念でした…(ーー;)
2006/11/08(水) 11:10:50 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック