へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家のステレオ音楽会
2006年12月19日 (火) | 編集 |
061217album12006/12/16の記事で書いたLPレコード。
どんな曲が入っていたのか気になって、実家の近くを通ったついでに借りてきました。
タイトルは「わが家のステレオ音楽会」。
レコード会社はPHILIPSでしたが発売元はVictor。
やっぱり叔父が送ってくれたものだったそうです。
クラシックのアルバムなのに…ジャケットの少女が手にしているのはなぜかおもちゃのウクレレ(笑)。


061217album2ジャケットが6ページのブックレットのようになっていて、曲の解説やオーケストラの楽器の絵や作曲者の写真などが載っています。
レコードはわが家にプレーヤーが無いので聴く事が出来ないけれど、ブックレットを開いて読んでいるうちに、子供の頃毎日のように聴いていたメロディが次々と蘇ってきました。
曲のリストは下記の通り。
入っているものと思っていた曲が無かったり、題名が違ったり、記憶違いもありました(^^;)

1-A:楽しい描写音楽とマーチ
「森のかじや」(ミハエリス)
「森の水車」(アイレンベルク)
口笛吹きと犬」(プリョール)
おもちゃの兵隊」(イエッセル)
ゴセックのガボット」(ゴセック)
波涛をこえて」(ローサス)
軍隊行進曲」(シューベルト)
1-B:ピアノとヴァイオリンへのおさそい
乙女の祈り」(バダジェスカ)
エリーゼのために」(ベートーヴェン)
トルコ行進曲」(モーツァルト)
別れの曲」(ショパン)
「ドリゴのセレナード」(ドリゴ)
ボッケリーニのメヌエット」(ボッケリーニ)
ユーモレスク」(ドヴォルザーク)
2-A:みんなで歌いましょう
野ばら」(ウェルナー)
ます」(シューベルト)
「蝶々」(日本童謡)
アヴェ・マリア」(シューベルト)
故郷の人々」(フォスター)
サンタ・ルチア」(ナポリ民謡)
「ウィーンの森の物語」(J・シュトラウス)
2-B:オーケストラへのおさそい
ペルシャの市場で」(ケテルビー)
白鳥~『動物の謝肉祭』より」(サン=サーンス)
美しく青きドナウ」(J・シュトラウス)
『聖母の宝石』間奏曲」(ヴォルフ=フェラリ)
おもちゃの交響曲」(レオポルド・モーツァルト)

「口笛吹きと犬」は、最初と最後に口笛と犬の鳴き声が入っていて、それがだんだん近づいてきてまた遠ざかってゆくところと、犬と楽しくお散歩しているような軽快なメロディが好きでした。
「エリーゼのために」は、ピアノを習っている友達が教室のオルガンでいつも練習していた、憧れの曲。
「ゴセックのガボット」は、小2の学芸会の器楽でハーモニカで演奏しました。大好きな曲なのですが、ハーモニカで吹くのはとても難しくて苦労した思い出があります。
「白鳥」は、数年前、YOUの学校とは別な特学の先生のチェロ演奏で聴く機会がありました。生で聴く大好きな曲にうっとり♪
「おもちゃの交響曲」は、オーケストラで実際に演奏する所を見てみたいなあ~と、ずっと思っています。鳩笛とかぜんまいの音とか沢山のおもちゃの音が入っているのですが、それを演奏(?)する方々(パーカッションの方々でしょうか?)は、やっぱり他の曲と同じように真面目な顔で演奏するのかなあ?と、素朴な疑問を持っているのです。
「美しく青きドナウ」はとても綺麗な曲ですが、「2001年宇宙の旅」で使われた時には美しさと恐怖を同時に感じました。

他の曲にもそれぞれ思い出があります。
「…へのおさそい」というタイトルも、子供にとってはお洒落な大人っぽい感じがして、クラシックへの憧れの気持ちがますますかきたてられました。
レコードに針を下ろす時のドキドキ感も好きでした。

何度も何度も聴いたから、ジャケットの角とか、かなりボロボロです。
でも本当に懐かしくてたまりません。
いつか何とかして聴いてみたいなあ…と思っています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
栗太郎さん
わー貴重なアナログ盤ですねー。
とても懐かしげな曲たちです。
わたしなぜか「ペルシャの市場で」がものすごき懐かしいです。私の場合それとセットで「剣の舞」が懐かしい曲となっています。
聴けるといいですね。
2006/12/19(火) 20:39:45 | URL | FU-YU #-[ 編集]
FU-YUさんへ
こんばんは。
MEにレコードを見せたら、「でかっ!」って言われました(笑)

「ペルシャの市場で」も勿論好きでしたよ~。
この曲のエキゾチックなムードがペルシャってどこかも分からない子供心をくすぐってくれました。
「剣の舞」も好きな曲です。
以前、エレクトーンのアンサンブルの演奏を聴きましたが、とても良かったですよ。

NHKの名曲アルバムとか、子供番組の「音楽ファンタジーゆめ」など、映像と共に楽しむのも好きです。
沢山のDVDを買うのは無理なので、「ファンタジア」を楽しみに待っているところです。
2006/12/19(火) 22:05:26 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
さすがっ!
うわー懐かしい!!
これ私も覚えてるよ!!
さすが物持ちのいい人日本でベストスリーくらいに
入りそうな栗太郎さんですな!
これに入っていた「口笛吹きと犬」が好きで
口笛を練習した覚えがあります。
なつかしい~~~
しかし「ステレオ音楽会」ってとこに
すごいレトロさを感じますね。ロゴの書体も。
昭和ばんざいっ!

そうそうCDありがとう!
すごく笑いました。
みんなで毎日聞いてるよ!
2006/12/21(木) 13:12:00 | URL | KIRA #cK8v8HAk[ 編集]
Re:さすがっ!
KIRAさん、こんにちは~!

> さすが物持ちのいい人日本でベストスリーくらいに入りそうな栗太郎さんですな!

…物持ちが良いのではなくて、ただの捨てられネーゼなのです…(^^;)
KIRAさんも覚えてた?
…という事は、一緒に聴いた事があったんですね~。

私も「口笛吹きと犬」に触発されて口笛を練習したのですが、間違って、口笛を吹くのではなくて吸って音を出していました。
KIRAさんの口笛を見て間違いに気づき、今では吹いても吸っても音が出るようになりましたよ♪

> そうそうCDありがとう!
すごく笑いました。
みんなで毎日聞いてるよ!

こちらこそDVDありがとう♪
とっても嬉しかったですよ~(*^_^*)
2006/12/21(木) 13:32:42 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック