へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年会
2007年01月16日 (火) | 編集 |
10年前の同窓会幹事の当番をきっかけに、毎年1月2日に行なわれている高校同期生の新年会。
昨年はBUMPのライブが近かったのでお休みした私。
2年ぶりの出席です。
070102illumination1
1次会のホテルから2次会のスナックへ向かう途中。
毎年ナナカマド並木を飾るイルミネーションが綺麗です。
070102illumination2
買い物公園の街路樹にもイルミネーション。
前を歩く団体は同期の面々です。
他にもクラス会かな?と思われるグループを、あちらこちらで見かけました。
約450名の同期生…いまや全国どころか海外にも散らばっています。
当番期の時には80名以上が集まりましたが、毎年の新年会に集まれるのは30~40名ほど。
今回は31名でした。

幹事トリオのホテルマンOTくんと洋品店経営のORくん、中学校の先生Kさん。いつも本当にご苦労様です。
何もお手伝い出来ず、ごめんなさい。

1次会の司会・進行担当はローカルTV局のアナウンサー、Aくん。
ご実家はもうこちらに無いのに、忙しい合間を縫って殆ど毎回参加、最終列車で札幌に戻りました。
ありがとう~!いつもTVで応援しています♪
来年はMEに合格祈願のサイン下さいね(*^^)

毎回1次会で行なう近況報告…人前で話すのが苦手な私の一番嫌な時間(笑)
でも、他の皆さんのお話はとても楽しみです。

今回は免許がゴールドになった事、ライブの事などを話しました。
免許の時には「プチ幸せだね」と言われ、「誰のライブ?」と聞かれて
「V6」と言ったら何故か笑われ、「BUMP OF CHICKEN」と言ったら「ほぉ~」と言われました。
みんな知ってるのかなあ…?怪しいなあ(^^;)

他の方々の近況はお仕事の話やお子さんの話、趣味の話など様々でしたが、年齢が上がるにつれ病気の話題も増えています。
今回も大病を克服して久々に参加された方がいました。
とても明るくおしゃべりし、2次会では得意の喉を披露し、心の底から幸せそうな笑顔が印象的でした。
本当に良かったね…♪

高校卒業から30年近くたっていても、会えば一瞬にして昔に戻り「女子」「男子」の世界になる同期会。
結婚して名前が変わっても、どんなに偉くなっても、昔と同じ名前やニックネームで呼び合います。
「それがいいんだよなあ~♪」と、某保険会社管理職の方がしみじみ言っていました。

今回の出席者の1/3はお医者さんと薬剤師さん。
中には子供がお世話になっている方もいますが、私自身はお世話にならずに済むように、健康に気をつけなくちゃ。

皆さんもお元気で。
また来年お会いしましょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
行ってこられたのですね
栗太郎さん
おー、例の会ですね。
450人も同期がいらっしゃるのにはいささかびっくり。私は女子校だったので120人ほどですもの。
みなさんそれぞれ活躍されているのですね。

やはりLIVEなどに足を運んでいる方は少なかったようですね。うれしいようなさみしいような?
それにしても、みなさん仲がいいのですね、うらやましいです。
たしかに高校時代の友達と会うと昔に戻ってしまうのはなぜ?いちばん楽しい時期だったのでしょうか?
栗太郎さん、素敵な時間をすごされてリフレッシュされましたねー。よかった。
2007/01/16(火) 20:33:54 | URL | FU-YU #-[ 編集]
Re:行ってこられたのですね
FU-YUさん、こんばんは。
そうです、例の会です♪

私が高校生だった頃は45人学級で10クラスあったのですが、今は40人学級で7クラス。随分減りました。
女子と男子の割合も、昔は1:3~4くらいだったのですが、今は半々くらいだそうです。

LIVEに行った方は他にもいました。
サザンとかBジョエルとか…でも、オールスタンディングのライブハウスはいないと思います…多分。

同窓会の当番が回ってきた時に集まったのをきっかけに、その後も交流が続いている私たちのような学年は他にもあって、この日も同じホテルでいくつか同期会がありました。
でも、私たちのように毎年集まっているところは少ないかもしれません。
仲の良さもありますが、幹事の方々の努力の賜物ですね、きっと。
感謝感謝です。
2007/01/16(火) 22:20:27 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック