へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR “run rabbit run” 1/14(土)@ZEPP SAPPORO(後編)
2006年03月16日 (木) | 編集 |
060316CDこのCDは、BUMP OF CHICKENを好きになってからまだ日が浅く、全てのCDを聴く時間も無かったMEのために作った、ライブ予習(?)用ベスト盤です。
最近のライブの傾向(単純に演奏した回数とか順番とか)を調べて、「major best(多分演ると思うよ曲集)」と「minor best(もしかしたら演るかも&演って欲しいな曲集)」の2枚を作り、ついでに「secret best(カルマ限定版の前に作ったのでドスコイは入っていません)」も作りました。
札幌二日目の18曲のうち11曲はmajorに、4曲はminorに入っていたので、なかなか役に立ったと思います。
ライブが終わった今も、車の中でずっと聴き続けている2枚…時々私の車に乗る母やMEのお友達にも、さりげなくBUMPをPR(笑)。
中編の続きの前に、ライブ中のメンバーの事について。

ちょんまげ頭(←大好きです♪)の直井さん
ライブの日に札幌で買ったというBATMANのロゴTシャツは、シンプルなんだけど文字が暗闇で光る一味違うもの。
客席からの「どこで買ったの~?」という声に、「それは内緒さ。でも古着屋さんのだから1枚しかなかったよ!」と、ちょっと得意気に、そしてとても嬉しそうに言っていました。
実は「Stage of the ground」のPVでもBATMANのロゴTシャツを着ている直井さん。
本当にお気に入りなんですね~(*^^)

背中がこちらに見えるくらい前にかがんで弾いたり、ぴょんぴょん跳ねたり、真剣に演奏しながらも、いつも笑顔で元気いっぱいで楽しそうな直井さん…その姿を見ているだけで、こちらまで元気が沸いてきます。
買い物の時に雪道で派手にこけたそうですが、怪我しなくて本当に良かった!
藤原さんとの掛け合いトークや、ツアーグッズのセールストークも本当に可笑しくて、何度も何度も笑いました。

藤原さん
BUMP LINES!の札幌レポの写真で着ている、黒い長袖ニットの色違いみたいな白ニット(でも、近くで見たわけではないので違うかも…)でした。
ライブの始めの方で、歌い出す前にこぶしで自分の胸をトンと叩いていた様に見えて、胸が熱くなりました。
他の方のレポには無かったので、見間違いだったのかな…?
でも、確かに私にはそう見えました。
話す声はもちろん、どんなに激しい歌の時でも、声がとても優しくて暖かくて、そしてとても力強くて…その声に包まれて体の芯までほっこりしました。
BUMPのライブはMC少なめというイメージだったので、「そんなに話して、喉は大丈夫なのかな?」と心配になりましたが、最後まで素敵な声でした。

「太陽」の演奏回数を間違えた話をして「年かな?」と照れ笑いした時、直井さんが「いや~まだまだ大丈夫だって!」とフォローしたのですが、「こんな事言ってるけど、こいつ同い年なんだよな…。」と藤原さんがつぶやいて、またもや会場の笑いを誘っていました。
また、その日の朝、直井さんと散歩&買い物に行った話をした時、「こいつ(直井さん)ばっかりTシャツ3枚も買って、俺はズボンの裾が濡れただけだったよ…。」と拗ねたような言い方をしていたのが、何だかとても微笑ましかったです♪

升さん
白いTシャツがよく似合ってました。
野太い声で、「升秀夫~!」とフルネームで声援されていました(笑)。
男性からの声が一番多かった気がします。

黙々と演奏している姿や真剣な表情が、とても男らしくて驚くほどかっこ良く、思わず見とれてしまいました。
力強いドラムの音が体の芯から響いてくる感じで、本当に心地良かったです。
声は聴けなかったけれど、升さんの仁王立ち(?)と、ガチョ~ン!みたいなWピースだけでも伝わるものがあって、それだけで十分幸せな気持ちになりました。

増川さん
Tシャツの色はカーキ色に見えたけれど、ライトが当たっていたので、本当の色は違うかも。何色だったのかなあ?
うつむき加減でギターを弾いている時、そして歌っている時の、ひたむきな表情がとても素敵で、ギターの音にもコーラスの声にも一生懸命な気持ちがこもっていると感じました。

時々ぼそっと喋った時の照れくさそうな困ったような表情が、何とも言えず…やっぱり可愛いです(*^^) 
演奏している時は本当にかっこいいのに、喋るとへたれなところが増川さんの魅力だと思います。
「fire sign」の曲紹介を無理矢理させられて、「聴いて下さい。」のひと言を噛んじゃって、もう一度ゆっくりと言い直した時、思わず心の中で「頑張れ~!」とか言っていたのは、私だけじゃないはず(笑)。



ここから、中編の続きです。

会場の仕切りのバーが背の低い私には微妙な高さ…ちょうどあごが当たってしまうので、ライブ中はバーにつかまって(というより、ぶら下がって)ずっと背伸びしていました。
ライブが終了した時には脚が痛くてだるくて…放心状態のまま、その脚を引きずりながら会場から出たら、外には沢山の方がいらっしゃいました。

お迎えのお父さん・お母さんもお見かけしましたが、グッズを買いに中に入って来られる方も大勢いらして、「真冬のライブなのに、外で聴いていた方がこんなにいたんだ…。」と気がついて、胸が熱くなりました。
そういえば、「チケットが取れなくて外で聴いている人もいるんだよ。」って藤原さんは言ってました。
外にいた方一人ひとりの事もちゃんと考えながら、演奏していたんだね。
すごいな。素敵だな。
そんな事を考えながら、地下鉄の駅に向かって歩き出しました。

「MEの大好きな『車輪の唄』聴けなくて残念だったね…。」と私。
「うん…。」とME。
「次のライブで聴けるといいね。」「うん。」
それくらいしか喋らずに地下鉄に乗りました。

札幌駅に着いて、ベンチでMEと二人、無言でパンを食べました。
ぼ~っとした頭で、今日は何曲だったんだろう…と数えてみると、18曲。
順番はよく覚えていないけれど、何度数えても18曲。
けれど、1曲1曲が本当に素晴らしかったから、30曲くらい聴いたような充実感。

寒い中待たなくてもいいように、ちょっと贅沢してレディスシートにしたのですが、アクシデントで車両到着が遅れ、結局ホームで30分くらい待つ事になってしまいました。
極寒のホームで震えている時、ツアータオルをマフラーの代わりに巻いている方や、グッズを買った時に貰えるビニールバッグを背負っている方をちらほらお見かけしました。
「さっきまであの人やあの人と、同じところで同じ幸せな時間を過ごしたんだなあ…。」と思うと、ものすごく寒~いホームの上でも、心の中だけはほんわか暖かくなりました。

ふと、グッズ販売の時に後ろに並んでいた女の子達が浮かびました。
「チャマに水かけてもらうんだ~♪」って言ってたけど、ちゃんと前の方に行けたかな?水かけてもらえたかな?薄着だったけど、大丈夫だったかな?もうおうちに着いたかな?…そんな事をぼんやりと考えているうちに、ようやく電車がホームに到着。

指定席に座った途端、ライブの疲れと暖かさとで眠気が襲ってきて、二人とも熟睡…もう少しで乗り過ごして、網走まで行っちゃうところでした(^^;) あぶない、あぶない!
午前1:00旭川駅到着。私たちを待っていたのは、窓がガリガリに凍りついた私の車…ぼ~っとしたままだった私は、一気に現実に連れ戻されることに(笑)。

こうして長~い夢のような一日は、ようやく終わりました。
でも、それから何日も半分夢の中にいるような地に足がついていないような感覚が続いて、ライブの事を思い出す度に、あの日は流れなかった涙が流れて…家族には「変なの~!」と笑われてしまったけど…いいの、その度に暖かい気持ちになれたから。

ライブ中、何度も「ありがとう!」と言ってくれたBUMPのメンバー。
私こそ、たった一回のライブでこんなに幸せな気持ちにしてくれた4人に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとう!
必ずまた会いに行きます。



以上で、長い長~いBUMP OF CHICKEN初ライブのお話は終わりです。
ライブ中は尋常な精神状態ではなかったので、かなりあやふやな記憶を辿って書きました。
思い込みや思い違いもあるかも知れません。
表現も言葉も足りないですが、心を込めて書きました。
最後まで読んで下さって、本当にありがとうございました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
やっぱりすてき
栗太郎さん、こんにちは。
素敵なレポありがとうございます。
雪の中、大変でしたね。
私もライブのあとは娘たちとは話もせず、ぼ~っとしています。ライブの感想(?)を話せるようになるのは、何日か経ってからですね。
同じ時間を共有した全ての人に感謝ですね♪
2006/03/17(金) 10:34:07 | URL | みるるん #-[ 編集]
Re:やっぱりすてき
みるるんさん、こんにちは。
こんなに長い文章を読んで下さって、本当にありがとうございました。
ずっと書こう書こうと思っていたので、書き終えてほっとした気持ちと、とても独りよがりな文章で恥ずかしい気持ちと両方ですが、何だかすっきりしました。

> 同じ時間を共有した全ての人に感謝ですね♪

その通りですね!
BUMPの4人とあの場所にいた皆さんとで作り上げた、本当に素晴らしい時間でした。
2006/03/17(金) 15:51:38 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
*^^*あったかー
栗太郎さん、こんにちわー^^
本当に素敵なレポ、ありがとうございます^^*
ゆっくり読ませていただきました。
もう、ライブに行ってる気分になって、わくわくしたりジーンときたり・・・・。
書くとズラーっとまとまりのない感想になりそうなので、このくらいに・・・。
夢のような空間にいた栗太郎さんのレポを読んで、私も夢のような空間に行けた気がします*
次は本当にその空間に行けたらいいなあ。
2006/03/17(金) 15:59:53 | URL | めん #-[ 編集]
Re:*^^*あったかー
めんちゃん、こんばんは。
ライブ直後は、本当に夢の中でぼ~っとしていたのが、日にちがたつにつれて形がはっきりしてきて…
思い出した事を何でもかんでも書いたら、こんなに長くなってしまいました。
ただ長いばかりで、表現力が足りなくて…でも、ライブの様子が少しでも伝わったなら嬉しいです。
めんちゃんも次のライブで夢心地を味わって下さいね♪
2006/03/17(金) 20:37:59 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
スゴイな~栗太郎さん!
栗太郎さん、こんばんは♪
ずっと楽しく読ませていただいていました。
栗太郎さんの初めてのBUMPライブがとても幸せなものだったんだな~って伝わって来ました。
細かい描写とか予習のCDとかすごいな~って感動!

ZEPP SAPPOROっていうとスノースマイルの発売日のライブのことを思い出して、なんだか特別な場所と感じています。映像で観ただけですが、行ってみたいなって思うライブハウスなんです。栗太郎さんはそこでBUMPを聴けたんですもの、うらやましいですよ!また次のライブも参加できたらいいですね☆
2006/03/17(金) 21:41:18 | URL | ショウ #snujudlg[ 編集]
Re:スゴイな~
ショウさん、こんばんは。
本当は初ライブから1ヶ月記念の日に書こうと思っていたのですが、書きそびれてしまって…やっとこ書き終えることが出来ました。
読んでいただけて嬉しいです。
ありがとうございました。

「ユグドラシル」DVDに入っている「スノースマイル」別バージョンの演奏シーン、あれがZEPP SAPPOROなんでしょうか?
モノクロで余り良く見えませんが、ステージやバーが似ているし、藤原さんや直井さんがあったかそうな服装なので…。

あのPVで演奏を聴いている方々の表情が、本当にみんな幸せそうで大好きなんです。
私もあんな顔していたのかなあ…と思って、少し照れくさかったりします。

最初で最後と思って行ったライブでしたが、今は次も絶対行きたいな…いや、絶対行くぞ!って思っています。
2006/03/17(金) 22:24:47 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
かんどーした
うーん。
ずっとライブレポ読ませていただいてました。
なんだか行かなかったのに臨場感のあるレポにかんどー。
今度来るときは絶対行きたいな!
いっしょに行ってくださいっ!!(笑)
きっとK太も行きたがるよー
今年は受験前なのであきらめたんです。
その前にチケットとれるかどうかだよね・・・

私はライジングサンでしか彼らを聴いてないんですよ~
でも2年連続で来てくれたのは嬉しかったです。
新曲も必ずやってくれるしね!
Ever lasting lieを聴いて涙したのが思い出されます・・・
いいよねーBUMP!!ばんざい!!!

今年はライジングサンに行きます。
BUMP来るかなあ?できればラストの夜明けに見たいです。

ステキなレポありがとう~!
2006/03/17(金) 22:35:20 | URL | KIRA #-[ 編集]
こんばんは♪
ライブレポありがとうございます。
読んでいてとても幸せな気持ちになりました(^^*)栗太郎さんのレポのお陰で、札幌のライブに一緒に参加できたような感じがします♪
suparnovaやライブで藤原さんが口にする「ありがとう」で、この言葉にこんなにも大きな力があることに気づかされました。私もBUMPのメンバーやあの日一緒に過ごした皆さんに感謝しています☆
2006/03/17(金) 22:39:45 | URL | Pola #-[ 編集]
こんばんは☆
栗太郎さん、レポ一気に読まさせて頂きました。
なんだか私も一緒に行ったような気持ちになりました。
極寒の北海道から始まったライブ、外で聴いていた方たち、そして30分もホームで待つことになった栗太郎さん親子、でもきっと心はとってもあったかだったでしょうね♪素敵なレポありがとうございました!
それにしても、ガリガリに凍りついた車、帰りは大丈夫だったのでしょうか?
2006/03/17(金) 23:24:36 | URL | 直 #Gunbb4dY[ 編集]
Re:かんどーした
KIRAさん、こんばんは。
…なんか照れちゃうなあ…ありがとう(*^^)
普段の私を知っている人はびっくりしちゃうかもってくらい、熱く語ってしまいました(笑)。

KIRAさんは私よりずっと前にBUMPのライブ演奏を聴いているんだものね。
いいなあ。次のライブ、4人で一緒に行けるといいね♪

ライジングサンも行ってみたいなあ…。
夜明けと共に「オンリーロンリーグローリー」聴いたら最高だね、きっと!
2006/03/18(土) 00:41:10 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
Re:こんばんは♪
Polaさん、こんばんは。
ほんとに長くなってしまって、すみません。
でも、思い出した事は全部書きたくて…。
私のレポで幸せになって下さるなんて、私の方こそ幸せです(*^_^*)

「ありがとう」って本当に素敵な言葉ですよね。
以前から大好きな言葉だったけれど、今回のライブでますます好きになりました♪
2006/03/18(土) 00:59:23 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
Re:こんばんは☆
直さん、こんばんは。
全部読んで下さって、本当にありがとうございました。
車の事もご心配いただいて…すみません。

ガリガリになったのは窓だけだったので、家にはちゃんと帰ることが出来ました。
でも、融けた雪が水滴になってフロントグラスにびっしり凍り付いていたので、そのままでは前が全然見えなくて運転出来ない状態だったんです。
ガリガリの氷をやっとこ削り取って車に乗り込んで、駐車券を入れようとしたら…運転席の窓も淵が凍りついていて下がりませんでした(笑)。
仕方なくドアを開けて駐車券を入れたのですが、真夜中で誰も見ていなくて、ほんとに良かったです…あ~恥ずかしかった(^^;)
2006/03/18(土) 01:59:38 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
栗太郎さんって、みずみずしい心を持っているのね、ってレポ読んでて楽しませていただきました。
私と同い年と思えない、というか自分が老け込んでいることに気づいた次第・・(;´Д`)
私が聴いた曲、たぶんファイアーサインだと思うんです。ファイアーで始まる曲、ほかにないなら。。(ラジオの受信状況がいまいちで、聞こえない部分があったので・・)
ユグドラシルというアルバムがあるんですね。
Torがノルウェーうまれなので、北欧関連のことに興味があって、ユグドラシル(世界樹)≒トネリコ→アッシュっていう名前にしようかと思ったけど家族に反対されて却下したのだけど。。(蛇足ですがTorも北欧神話の雷神です)
いつか栗太郎さん編集版CDをお聞きしたいです☆北海道に里帰りした時にでも~(当分先の話かも)
2006/03/18(土) 23:36:07 | URL | Kumi #WGv/JGO2[ 編集]
お早うございます♪
みずみずしい心だなんて…そんな事言われたの初めてです…何か照れます(*^^*)>

Kumiさんが聴いたのは「fire sign」だったんですね。
「ナ~ナ~♪」ってコーラスが入る所を皆で歌うのですが、みんなの気持ちが一つになってるという感じで、すごく良かったです!
「fire sign」が入っているアルバムが「ユグドラシル」で、ジャケットは藤原さんのイラストなのですが、それがまた素敵なんですよ。

Torちゃんはノルウェー生まれなんですね。
北欧神話ってあまりよくは知らないのですが、北欧神話の雷神Torの名前は読んだか見た記憶があります。
次の里帰りの時にTorちゃんとも御対面出来るかな?
楽しみです☆

2006/03/19(日) 05:49:52 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック