へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO 8/18(Sat.)#10
2007年09月12日 (水) | 編集 |
テナーの興奮を反芻しながら、SUN STAGEに向かいました。
一歩近づくごとにドキドキが強くなっていきます。
歩きながら空を見上げてみましたが、何度見てもやっぱり曇り。
星空の下でBUMP…は無理なのかなあ。

SUN STAGEではスカパラのステージ真っ最中。
行く途中にあるゴミ分別場所では、スタッフの方々が分別を指導しつつ、曲に合わせて踊っていました。
その場所からステージは見えないのですが、ニコニコしてとっても楽しそうで、微笑ましい光景でした♪

SUN STAGEは広いスタンディングゾーンの後方まで、溢れるほどの人でびっしり!
ステージの方を向いても、スカパラはこれっぽっちも見えません。
テナーと被ってなかったら、絶対スカパラ見たのにな~。
でも、少しだけでも聴けて良かったなあ…なんて思いながら聴いていました。

10分ほどしてスカパラ終了。
次はいよいよBUMP OF CHICKEN!
うさぎツアーの時は直井さん側で見たので、今回は増川さん側で見る事にしました。
フェスやライブに慣れていないので、前に移動する見知らぬ人の後ろにくっついて、一緒に移動。
その人の背中と足元だけを見ながら、ずんずんずんずん歩いていったら…着いたところは予定よりもかなり前の方でした。
ステージ向かって斜め右の位置。
升さんもちゃんと見えそうな場所です。
背丈だけは小学生並みの私…出来るだけ背の低い女の子を見つけて、その後ろに立ちました。

初ライブから1年7ヶ月…もう少しで彼らに会える。
早く会いたい!と願う気持ちと裏腹に、永遠に始まって欲しくないと願う、もう一人の私がいました。
ライブが始まっちゃったら、必ず終わりがある。
始まらなければ終わりも無いから、いつまでも楽しみに待っていられる…何だかそんな気持ちだったのかもしれません。
うさぎツアーの時もそうだったな。
待ちに待ったライブなのに、彼らに会えるのが本当に嬉しいのに、胸がきゅうっと締め付けられるように苦しい気持ち。
それだけBUMP OF CHICKENは私にとって特別な存在なんだな…と思いました。

そんな事を考えているうちに、セッティングがスタート。
升さんの緑色のドラムが見えました。
ギターやベースもスタンドごと運ばれてきました。
ワンマンの時には見る事が出来ない、セッティング風景が見られるのもフェスならでは。
楽器やマイクを入念に調整しています。
色々な高さの声を出しながら、マイクは特に念入りにチェックしていました。
マイクをチェックしている方の高音の声が藤原さんにちょっと似ている感じがして、ドキッ♪
夜のSUN STAGEの写真を撮るつもりだったのに、いつしか体中がドキドキでいっぱいになって、すっかり忘れていました。

セッティングも終わり、モニターの真っ黒い画面に「BUMP OF CHICKEN」の文字が白くくっきりと浮かんで、いつもの「A Quick One While He's Away」が流れて…大歓声の中、4人が登場。
魂を預かってきた方から勝手に持ってきちゃった方まで、遠くでRSRを思っているはずの方々の名前を思い浮かべながら、「BUMP、始まりますよ!」と、心の中で叫びました。

直井さんは黒いTシャツ、そして頭にはちょんまげ♪
ランラビの時と一緒です。
増川さんも黒っぽい七分袖のTシャツ。
升さんはやっぱり白のTシャツ!
みんな上しか見えないけれど、升さんは絶対短パンに違いない!と確信(笑)

うさぎツアー@ZEPP SAPPOROの時、一日目は黒・二日目は白のヘンリーネックの長袖ニットだった藤原さん。
今回もヘンリーネックの長袖ニットで、色は黒と白の間のグレーでした。
北海道はヘンリーネック!って決めてるのでしょうか?(笑)
そして、頭には夏フェスのトレードマークの麦藁帽子。
もうすぐ次の日になるような時間でも、肌寒い北海道の夜でも、被っていました。
何だか嬉しい♪
藤原さんも増川さんも、リストバンドは黒。
夏フェスグッズと色が違うので、あれ?と思いました。

1曲目は「乗車権」。
NHKで放送した幕張ライブでは聴いた事があるけれど、本当にライブで聴くのは初めてです。
すると、いきなり始まる合唱。
横にいた男性の声がものすごく大きくて、どんなに集中しても藤原さんの声が聞こえません…(ーー;)
「なんで歌うのさ!(怒)」と思いながら、少し右へ移動しました。
クレーンカメラの近くで、モニターは見にくくなっちゃったけれど、今度はちゃんと声が聞こえます。良かった!

次は、やっぱりライブで初めて聴く「涙のふるさと」。
CDとはちょっと節回しを変えたり、歌詞を変えたり。
初ライブの時は、最初から最後まで何だか現実とは思えず、夢のようでしたが、RSRも半分夢心地。
でも、「この時のため」を「この夜のため」と替えているのに気づいた時、「やっぱり夢じゃないよね!目の前にいるんだよね!」って思いました。

そして3曲目…「真っ赤な空を見ただろうか」!
カップリングのこの曲を、曲数の少ないフェスで演ってくれるかどうか心配でした。
なので、そんな曲を聴く事が出来て、最高に嬉しく感じました!
出だしはちょっとゆっくりとためを入れる感じで歌って、ライブならではの「真っ赤な空」でした♪

あまりにも長くなっちゃったので、ここらでちょっとひと休み。
もう少しお付き合い下さいね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
BUMPレポ始まりましたね♪

栗太郎さんも知らない人の後にくっついて前に行ったのね。おんなじで笑っちゃいました。
横で大きな声は勘弁してほしいですね。しかも乗車券で・・・ガラスのブルースならまだしもですよね~。
続き楽しみにしてまーす。
2007/09/13(木) 10:25:41 | URL | うさぎ #6facQlv.[ 編集]
いよいよだぁ!

BUMP登場ですね。あ~いいなぁいいなぁ。

大声で歌うのはね・・・それはカラオケでやってくださいってなっちゃいますね。私は幕張で後ろのお兄さんが飛び跳ねるたびにどつかれて、おっとっと・・となっていました。みかねた息子が「こっち!」って引っ張ってくれて、私の真後ろに立ってガードしてくれました。嬉しかったし、じっくり藤原さんの声を受け止めることができました。

続きがたのしみです!!!
2007/09/13(木) 17:50:54 | URL | Orly #-[ 編集]
がんばれ~
一生懸命書いてくださる栗太郎さんの意気込みに感動。早くも続きに期待します。

>永遠に始まって欲しくないと願う、もう一人の私がいました。

この言葉私にとってまさにいつものこと。
お恥ずかしいんですが、始まるとそわそわして中盤あたりから「あー終わっちゃうんだなあ」って集中力が欠けてくるんです。
「宴のあと」恐怖症なのかな?
楽しい時は終わる。
「始まれば終わる」森山良子さんの名言ですが、この場合いやなことも始まれば終わると解釈します。
楽しいことは終わってほしくな~い。
胸キュンです。

アンド「涙のふるさと」「真っ赤な空…」早くLIVEで聴きたいです。でも聴かないうちに次のシングルやアルバムまででそうで怖いわあ(笑)


2007/09/13(木) 23:50:47 | URL | FU-YU #-[ 編集]
うさぎさんへ
こんばんは!

> 栗太郎さんも知らない人の後にくっついて前に行ったのね。おんなじで笑っちゃいました。

RSR慣れしている友達と一緒だったら良かったのですが、BUMPの前に違う所に行っていたので…。
一人じゃどうしたら良いか分からないので、見知らぬ方を頼ってしまいました。

> 横で大きな声は勘弁してほしいですね。しかも乗車券で・・・ガラスのブルースならまだしもですよね~。

うさぎツアーの時は、近くにそんな人はいなかったので、今回初めて被害(?)にあいました。
「乗車権」を歌えるんだから、相当ファンなのでしょうけど、周りの迷惑も考えて欲しいですよね。
RSRの中にはカラオケブースもあるんだから、ライブ終了後に思い切りそこで歌うとかすればいいのに…。


2007/09/14(金) 21:15:15 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
待ってましたーーー☆
来ましたね(*ノωノ)!!
もぅすごい嬉しいです♪

LIVEに行ってなくて、そして行かれた方の渾身のレポを拝見して
「あーー・・・やっぱり彼らは素晴らしかったんだろうな・・・
最高だったんだろうなーー(ノ∀`*)」と想像する。
今までこうやって私なりにLIVEに参戦してましたが、
今年は!!今年の夏は違いますww!!

私もフェスに参戦できた分だけ、
曲のアレンジとか勢いとか歌詞変えとか、
なによりあのどうしても表現し難いこの世のものではないような
幸せで幸せで幸せな熱い生きた空間とか・・・。
共有できるようで、もう本当に嬉しい(*ノωノ)
「真っ赤な空を・・・」のイントロ、、、
もう最高でしたよね(;ωq`)感涙
「涙のふるさと」の「会いに来たよ!君に会いに来たんだよ」
はあり得ないくらい響きましたよね。。。

同じように、こうやって
BUMP OF CHICKENを愛してらっしゃる方のレポは
すんごく「いいなぁ~~(*≧艸≦)」って思っちゃいます笑
続きも☆引き続き勝手に楽しみにしてます~~笑♪

※大声で歌う。。。
 もう本当に、、、こちらにとっては迷惑としか・・・怒
 ハイグラはとてもよい雰囲気で(少なくとも私の周りには)
 ひどいマナーの人は私は見なかったのですが、
 藍坊のLIVEの時、私も被害にあいまして。。。( ノД`)
 もう斜め後ろの男の人があり得なく大声で!!!
 しかもほとんどの曲を(怒)!!!
 お金を払ってその人自身もその「LIVE」という空間を買っているのですから
「俺がどう楽しもうと勝手じゃねーか!!」と
 言われればもうどうしようもないですけど、、、涙
 やっぱりこっちとしては、周り考えてよ・・・!!って思いますよね!!
 そこはこちらも譲れません笑!
 でも移動してきちんと藤くんの声が受け止められたようで♪
 ホントに良かったですね(*゚∀゚)=3ホッ☆

あわわわ汗 長々とすみません汗汗
2007/09/15(土) 00:10:40 | URL | 綾 #aiMm5YXE[ 編集]
Orlyさんへ
こんばんは!

> みかねた息子が「こっち!」って引っ張ってくれて、私の真後ろに立ってガードしてくれました。嬉しかったし、じっくり藤原さんの声を受け止めることができました。

素敵!
頼りになる息子さんですね~(*^_^*)
うちには頼りにならない娘二人しかいないもので、羨ましいです。

ぶつかったり押されたりすることはなかったけれど、歌う人が多くて閉口しました。
藤原さんの声が聞こえないほどの合唱、話には聞いていましたが、本当にあるんだな~と思いました。
つい歌いたくなる気持ちは分かるけど…心の中で歌って欲しいです。
2007/09/15(土) 04:20:26 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
FU-YUさんへ
こんばんは。

> 楽しいことは終わってほしくな~い。

なかなかライブに行く事が出来ないから、余計にそう思ってしまうのかも…と思っていましたが、私よりずっと沢山のライブに参加(参戦って書くのが何となく苦手…変なこだわりです…汗)されているFU-YUさんでも同じように感じていらっしゃるんですね。
ちょっと安心しました。

でも、終わった直後はちょっと寂しい気持ちになってしまうけれど、その後しばらくは余韻に浸って幸せな気分になれますよね。
RSRからそろそろひと月…なのに、まだレポを書いて楽しんでいる私(笑)
こんなに長いレポになっちゃうとは…自分でも半分呆れています。
なのに読んで下さる皆さん、本当にありがとうございます。
あともう少し…頑張ります!
2007/09/15(土) 04:37:45 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
綾さんへ
こんばんは。
ようやくBUMP OF CHICKENに辿り着きました…(^^;)

> LIVEに行ってなくて、そして行かれた方の渾身のレポを拝見して
「あーー・・・やっぱり彼らは素晴らしかったんだろうな・・・
最高だったんだろうなーー(ノ∀`*)」と想像する。
今までこうやって私なりにLIVEに参戦してましたが、
今年は!!今年の夏は違いますww!!

綾さんは今年の夏フェスが初BUMPだったんですものね。
感動もひとしおだった事と思います。
私もうさぎツアーで初めてライブに行って、それまで想像の世界でしかなかった事が現実になって、本当に感激しました。
一度ライブに行ってから他の方のレポを拝見すると、より臨場感があって、読みながらドキドキしちゃったりして…行く前と後じゃ大違いですよね。

> 藍坊のLIVEの時、私も被害にあいまして。。。( ノД`)
 もう斜め後ろの男の人があり得なく大声で!!!
 しかもほとんどの曲を(怒)!!!

綾さんも藍坊主の時に被害に遭われたのですね…(ーー;)
それも殆どの曲…本当に残念でしたね。
RSRでも、藍坊主はシングル曲中心の構成だったせいか、サビの時は結構合唱がありました。
でも近くに大声の人はいなかったので、hozzyさんの声はしっかり聴こえて、大丈夫でした。

> お金を払ってその人自身もその「LIVE」という空間を買っているのですから
「俺がどう楽しもうと勝手じゃねーか!!」と
 言われればもうどうしようもないですけど、、、涙

お金を払ってライブに参加しているのは皆同じなのですから、やっぱり他の方の邪魔になったり迷惑をかける事はやめて欲しいですよね。
自分自身もそういうことの無いように気をつけなくちゃ…と思います。
2007/09/15(土) 04:54:20 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック