へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代文字
2006年04月04日 (火) | 編集 |
060327kodaimojiこれは、3月27日付の北海道新聞に載った古代文字です。

山や川、太陽、魚、木や花など、沢山の絵や記号たち…何だか可愛いなあ…♪
これは何を表しているのかな…?
これは何だろう?
フォント好きの私…何だかわくわくしてきます。

古代文明にも興味や魅力を感じます。
実は、子供の頃考古学者に憧れた時期もあったりして。
といっても全然詳しくはないのですが、化石や土器、埴輪や土偶などを眺めるのも好きです。
この文字は、約7千年前の中国の新石器時代の遺跡で発見されました。
現在使われている漢字のルーツは、3,400年ほど前、殷の時代に使われ始めた甲骨文字とほぼ同時代に使われ始めた金文だそうですが、今回見つかった文字のような絵や記号は、それを大きくさかのぼる漢字のルーツの一つではないかとみられているそうです。
漢字のルーツとなったそれぞれの文字は中国の各地でばらばらに使われていたのですが、秦の始皇帝の時に初めて統一されました。
それが現在篆書(てんしょ)または小篆(しょうてん)と呼ばれ、実印などに使われてる文字です。

生まれた時から言葉や文字が存在していた私たちと違って、何もないところから誰かに何かを伝えるために、一生懸命に絵文字や記号を考えた古代の人々…。
そんな素朴で一途な想いのこもった古代文字は、言葉で人と繋がることの意味や大切さを教えてくれているような気がしました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック