へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不審な手紙
2009年02月14日 (土) | 編集 |
2月2日、夫宛てに届いた白い封筒。
「重要」という赤いハンコがあるものの、差出人はありません。
すっごく怪しい…。
透かして見ると「裁判裁判」とか、東京の住所らしきものが書いてありますが、消印はさいたま。
まっすます怪しい…(-_-;)

一応夫に電話で了解を得てから、封を切ってみました。
封筒の中身は一体?

wrong letter
…やっぱり架空請求でした。
ブログ友達のところに届いたのを見たことがありますが、まさか自分のところにも来るとは思いませんでした。
それも、よりによって、夫の誕生日に…(^^;;
検索してみたところ、1月末頃から全く同じ内容の手紙があちこちにばらまかれていたようです。

手紙の内容は矛盾だらけの怪しいもの。
それでも、架空請求だと分かっていても、全く身に覚えはないけど、もしかしたら知らないうちに何かしたんだろうか?と、ちょっとだけ不安になってしまいました。
それがとても悔しいし腹立たしい。
こんな卑怯な架空請求にだまされる人が一人もいませんように…と、心から願うばかりです。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
私のところには葉書がきましたよ。架空だとすぐにわかりましたが、私の名前と住所を知られていると思うと気味が悪かったです。

どうして何もしていない人をだます人がいるんでしょうね?許せないです。
2009/02/14(土) 23:37:09 | URL | Orly #-[ 編集]
Orlyさんへ
普段あまり好きじゃないので使わない言葉なのですが、この時ばかりは思わず「ムカつく!」といいたくなりました。

お向かいのところには、携帯に「有料サイトの…云々」というメールが来たことがあって、警察に相談したりしてましたが、今回はすでに届けた人がいるのか、架空請求人リストみたいのに載っていたので、そのままスルーしています。
以前はOrlyさんのようにハガキで出すことが多かったみたいですが、ハガキでそんな重要なことを知らせると怪しまれるという事になって、今度は封書にしたのかも。

同じ封書が届いた方のブログに、「こんな文章を大量に印刷して、折って、切手貼って、投函するなんて時間と知恵があったら、真面目に働けばいいのに」と書いてありましたが、本当にその通りだと思います。
2009/02/15(日) 11:14:46 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック