へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春が近づく
2006年04月10日 (月) | 編集 |
060409swan今日からYOUも新学期。
昨日、寄宿舎に帰りました。
送っていく途中、深川で白鳥を見かけました。
060409neake



2週間ぶりに通る神居古潭。
随分雪が減りました。
木の根元の雪が解けて穴が開いたようになっていますが、これを「根明け」と呼ぶそうです。
060409yusetsuzai
まだ雪の残る田んぼには、融雪剤で描かれた縞模様。

060410garden庭の雪も随分解けて、根明けが進んでいます。
今週末にはまた雪が降るようですが、春は少しずつ確実に近づいています。
旭川の桜の開花予想は5月8日…もう少し後のお楽しみ♪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
まだ雪が積もっているようですが、「根明け」という表現は春を知らせてくれる温かい言葉ですね。「融雪剤」は初めて聞きました。こちらでは田んぼが雪に覆われるのは年に数回なので、あまり使われていないのかな。
5月8日が桜の開花予定日!(^^♪楽しみですね~。
長い長い冬を耐えた花は、ひと際綺麗に咲くんだろうな~♪
2006/04/11(火) 21:32:20 | URL | Pola #SFo5/nok[ 編集]
Polaさんへ
こんばんは!
「根明け」という言葉、私も最近知ったんですよ。
木の根元から雪が融けていくのを見ると、冬の間は枯れているように見えた木も、寒さに耐えてちゃんと生きていたんだ…偉いなあって思います。
融雪剤の模様も色々あって、束の間のアートにも見えるんですよ♪
2006/04/11(火) 22:05:13 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック