へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦いが終わった日
2009年08月16日 (日) | 編集 |
昨日は64回目の終戦の日。

私が生まれたのは終戦から15年後のこと。
子供の頃、親からよく戦時中の食糧難など、大変だった話を色々聞きましたが、今の生活からはなかなか実感出来ませんでした。
でも、「○○先生は戦争で負傷した」とか「××先生の婚約者は戦争で亡くなった」などと、本当かどうか分らない話がまことしやかに噂されるほど、戦争はそう昔の事でもない…そんな時代でした。

前にも書いたことがありますが、私の父は終戦の年、陸軍少年飛行兵学校に入校しました。
4月に入校するはずの学校が空襲を受けたため入校が遅れ、実際に入校出来たのは8月1日。
その半月後に終戦を迎えました。
戦後の混乱の中、8日後にようやく故郷に戻って来ることが出来ましたが、あともう少し終戦が遅かったなら、父は戦争で亡くなっていたかもしれません。
もしそうなっていたら、私はこの世に存在しなかった…そう思うと、戦争は戦後に生まれた自分にとって全く関係のないものではなく、とても身近な出来事に思えるのです。



先日、「最後の赤紙配達人」という番組を見ました。
実在の人物のお話で、再現ドラマのところどころにドキュメンタリーがはさまれている物語です。
物語の舞台が、父が入校した陸軍少年飛行兵学校と同じ滋賀県ということもあり、とても興味深い思いで番組を見ました。
今まで、赤紙や戦死の知らせを届けるのは郵便配達の方だと思っていましたが、この番組を見て初めて、役場の兵事係という係の人の仕事なのだと分かりました。
そして、赤紙を受け取る側ではなく届ける側の苦悩も初めて知りました。

物語の主人公、西邑仁平さんは104歳でまだご健在でいらっしゃいます。
終戦の時に全て焼却するように命じられた兵事関係の書類を、密かに整理し保存していたのですが、その事を公にしたのは、100歳を過ぎてからだったそうです。
それほどに、15年間の兵事係の仕事は辛く重く苦しいものだったのでしょう。

物語の中に出てくる兵学校に志願しようとする少年が昔の父の姿に重なり、兵事係の仕事の非情さにも胸が締め付けられました。
この番組も、昨日の「硫黄島からの手紙」や「TOMORROW/明日」などの映画も、最後まで見続けるのが本当に恐ろしく辛く苦しいのですが、戦争を知ることが戦争を知らない私が唯一出来る務めではないかと思っています。

来月MEが行く見学旅行では、広島での平和学習があります。
次の世代のMEたちにも、怖くても目をそむけずに見て聴いて知って欲しい。
平和な時代に生まれた事に感謝し、平和を守るためにはどうすればよいのか考えて欲しい…そう願っています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
No title
平和を守るためには何をしたらいいんだろ・・・
難しいね
音楽が自由に聴けて楽しめる今は平和だね。
ずっと続くといいな。
自分の死はしょうがないじゃん運命じゃんって思ったりもするんだけど大事な人たちの死は絶対イヤですね。
2009/08/18(火) 16:59:18 | URL | うさぎ #6facQlv.[ 編集]
うさぎさんへ
私も具体的に何をしたらよいのかは分からないけれど、「知る」ことが第一歩だと思うんです。
なぜ飛行兵学校を志願したのか父に尋ねたら、「戦うことが当たり前とみんな思っていた時代だから、特別な決意じゃなく自然な気持ちで志願したけど、今は馬鹿な事をしたなあ…って思ってるよ。」と言ってました。
そんな時代には二度となって欲しくないですね。
いつまでも平和で、好きな音楽を自由に楽しめる世の中であって欲しいと、私も願っています。
2009/08/18(火) 20:40:43 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
No title
戦争を知らなくても戦争が怖いものだという事は学べますよね。
もちろん私も私の子供たちも戦争は知らないけれど昔あった事実は覚えていなければいけないと思います。
こんな平和に暮らしている今この時もどこかでは悲しい内戦などが続いているんですよね。
私の住む長岡も空襲にあいました。去年特集番組を家族全員で号泣しながら観て、平和を願わずにはいられませんでした。
2009/08/19(水) 21:12:01 | URL | yasuko #-[ 編集]
yasukoさんへ
ちょっと重い話題でしたが、コメントありがとうございます。
旭川でも空襲で工場などが焼けましたが、長岡では空襲でとても大きな被害があったのですね。
戦争にまつわるドラマとか、ドキュメンタリーとか、MEは怖がって全然見ないんですよ。
漠然と怖いと感じているだけでもいいかと思っていましたが、もう高校生だし、修学旅行が良い機会になって良かったと思います。
楽しい思い出と同時に、平和を考える旅行になって欲しいと願っています。
2009/08/19(水) 23:05:11 | URL | 栗太郎 #w7jm7Cj.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック