へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレンジャク
2011年02月17日 (木) | 編集 |
先週土曜日、冬まつり会場へ向かう途中にある小学校の校庭。
そばの信号の押しボタンを押そうとした時、鈴のような綺麗なさえずりと共に、近くの木に野鳥が飛んできました。

Bohemian Waxwing1
一瞬見えた黄色い尾羽…大雪像のモチーフにもなっていた旭川市民の鳥、キレンジャクです!
冬しかやってこないのに、なぜか市民の鳥のキレンジャク。
その年によって飛来数も違って、一度も出会わない年もあります。

この冬は、YOUの迎えに行く途中に一度だけ群れを見たのですが、時間もなく無念のスルー。
それがこんなところで会えるとは!
シャトルバスにしないで、歩きで良かった~♪♪




Bohemian Waxwing2
目撃したのは群れではなく、二羽のつがいのキレンジャク。
校庭にあるナナカマドの残り少なくなった実をめがけてやってきたのです。

Bohemian Waxwing3
この日の最低気温は-18℃で、出会った時は-11℃。
寒さのせいか、まんまるにふくらんでいました。
それがまためんこいの♪(*^_^*)
つがいで撮影は出来ませんでしたが、しばらくの間、目と耳を楽しませてくれました。

Bohemian Waxwing5
こんな近くで撮影出来たのは、実は4年ぶり。
これは4年前、近所の公園にやってきたキレンジャク。
散歩中に出会ったのですが、とまっている木の下に私が立っても、全く飛んでいきませんでした。
ナナカマドに夢中で気がつかなかったのかも(笑)

Bohemian Waxwing4
4年前のこの日も同じ2月で一日違いの13日。
やはりつがいでした。
冬の始まりにやってきた時は群れなのですが、越冬中につがいになって、春が訪れと共につがいのまま旅立つとか。
ちょうど今頃が、つがいになる時期なのかな?

市民の鳥なのに、なかなか会えないキレンジャク。
また来年も会えるといいな~♪





関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック