へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りをこめて
2011年03月12日 (土) | 編集 |
MEの合格報告に、沢山のコメントをありがとうございました。
お返事を早くしなくちゃ…と思いながら、受験の下見の日に仮予約したアパートのお金を振り込んだり、契約書などの書類を揃えたり、翌日届いた入学手続きの書類を書いたり、入学金を振り込んだりと大忙し。
家賃は発表の日の13時まで、契約書等は一週間以内、入学手続きも明日必着と、〆切が迫っているので、夜中までかかって沢山の書類を書きました。
昨日ようやく全ての書類が揃い、発送してほっと一息ついて、さあコメントのお返事を…と思った矢先、大地震が起きました。





最初の地震の時はYOUを迎えに行くため運転していて、全く気がつきませんでした。
街に出かけていたMEと会社にいた夫は少し揺れを感じたそうですが、一階にいた母は体に感じるほどではなく、壁の絵やロールカーテンの紐が揺れて気がついたそうです。
母から東北で大きな地震があったらしい…と電話がありましたが、その時は詳しいことは知らず、YOUとの約束通りウォーキングに出かけ、帰宅してから初めて悲惨な状況を知りました。

TVの中の信じられない光景に震えながら、被災地にいる親せきや友人、知人に連絡。
なかなか電話やメールが通じませんでしたが、少しずつ状況が分かってきました。

千葉の弟は品川に足止めになっていましたが、一晩経って自宅に戻ることが出来、家族も全員無事でした。
夫の弟は海外出張から今日戻る予定でしたが、空港が閉鎖で延期になりました。
筑波にいる姪は会社に一晩足止めでしたが、横須賀の実家の義妹と甥ともども無事でした。
横浜と藤沢の叔父たちも、苫小牧の叔母たちも無事。
白老の叔母たちは一時避難所にいましたが、すぐに自宅に戻ることが出来ました。

全国のお友達の中には、帰宅難民になったり家具が倒れたり停電になったりした方もいらっしゃいましたが、皆さんご無事でした。
仙台の知人も、今朝ようやく連絡が取れました。

MEの同級生もたくさん、後期試験や合格発表・下宿探しのために東北や関東に行っていました。
試験は全て延期や中止になり、今日やっとのことで戻ってきた子もいれば、避難所にいる子も。
それでも全員の無事が確認出来ました。

昨夜は明け方近くまで、MEと共にニュースを見ていました。
一夜明けてさらにはっきりした想像を絶する被害に、胸が締め付けられます。
被災地から離れた平和な日々に、心苦しささえ感じてしまいます。

今日のニュースでは、助けられている子供たちの中に、もしかしたらYOUの仲間かもしれないお子さんを見かけました。
普段から些細な変化に敏感で、ほんの少しの変化にも不安定になるのに、現状も理解出来ない中でどんな気持ちで過ごしているのだろう…。
あの子がもしYOUだったら…大きな災害が起こるたびに思うことです。

どうか一刻も早く余震がおさまり、これ以上被害が拡大しませんように。
お一人でも多くの方が助かりますように。
一日も早く平穏な日々が訪れますように。
心からお祈りしてます。






※今回はコメント欄を閉じさせていただきました。
 「サクラサク」のお返事はもう少しお待ち下さい。




関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック