へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年お受験の旅《番外編:旅全般》
2011年06月12日 (日) | 編集 |
別館の方に2011年お受験の旅をさかのぼって書いたのですが、こちらには受験にあまり関係ない思い出を載せようと思います。

Asahikawa Station
2月23日。
旅の出発点、旭川駅のホーム。
線路もホームの外も、まだ雪と氷の世界。

大阪に着いたら、もちろん雪は皆無。
あちこちに梅が咲いていたり、つばきが咲いてたり…。
意外と寒くて冬のコートで大丈夫だったものの、飛行機で二時間、一気に冬から春へとワープしました。





私は23年ぶり、MEは修学旅行以来一年ぶりにやってきた大阪。

今回は受験の旅なので、ナーバスになってるMEと一緒の時は、殆ど写真は撮りませんでした。
大学の写真も、あまり沢山撮ると「もう二度と来れない、これが最初で最後の訪問」みたいな感じで縁起が悪いような気がしたので、ほんの数枚だけ。

大阪市の周りの三つの市に分かれてキャンパスがあります。
MEが志望した工学部があるのは、一番広いSキャンパス。
Campus1
総合大学のキャンパスといえば、地元のH大学みたいに芝生や森、並木道がある広大な敷地に建物が点在しているようなイメージだったのですが、ここはイメージとは随分違いました。
大きな建物が沢山あり、キャンパス内に路線バスも乗り入れていて、まるで一つの街のよう。
道が入り組んでいて、ちょっと迷いかけました(笑)

広~い芝生は見当たらなかったけれど、決して緑が少ないわけではなく、樹木や草花も沢山。
野鳥もあちこちで見かけました。

Campus2
この池の周りは多分桜。
入学時には綺麗な桜並木になるのでしょう。
春になればもっと緑も濃くなり花も咲いて、キャンパスのイメージも変わりそうです。

Campus3
こちらは最初の一年だけ通うTキャンパス。
受験当日、保護者説明会のために行きました。
上のSキャンパスよりこじんまりとしていて、分かりやすい感じ。
小さな池の周りに、白い梅の木がたくさんありました。

ここも他のキャンパスもちょっとした山の上にあり、Docomo以外の携帯が圏外になる場所があるとか…(笑)
前日、アパートの下見の時に案内してくれた同じ大学の学生さんが、「大学の中で携帯が使えない場所があるなんて!とびっくりしました(^^;;」と言ってました。



この旅で、大阪に来たんだな~とか、北海道と違うな~と実感したことがいくつか。

その1:当たり前ですが…聞こえてくるのは殆ど関西弁ばかり。
本当は大阪・兵庫・京都・奈良などなど、それぞれ違いがあるのでしょうが、道民の私たちにとってはみんな同じ関西弁。

その2:エスカレーターは右側に並ぶ。
こちらでは左側が一般的です。

その3:ホテルのバイキングのおかずメニューにお好み焼きがあった。
大阪ではお好み焼きをおかずにご飯を食べると聞いていましたが、本当なんだ~と思いました。

その4:駅に貼ってあったPRポスターが赤星。
何のポスターか忘れましたが、北海道なら日ハムの稲葉かダルか金子あたりが登場しそう。

その5:コンビニで「おにぎりあたためますか?」と聞かれない。
話には聞いてましたが…本当でした。
北海道では一年中、必ず聞かれます。

その6:アパートを借りるのに、敷金の他に礼金が必要。しかもかなり高額。
これは大阪に限った事じゃないのですが、北海道では礼金がいらないところが多く、あっても家賃ひと月分くらいと安い。
でもこちらは戻ってくる敷金は安いけど戻ってこない礼金が家賃の何倍も…(^^;;

その7:隣の市との境目がよく分からない。
これも大阪に限らず都会はみんなそうですが、こちらでは町がずっと続いたままで、移動しているうちにいつの間にか別の市になっているのです。
北海道では隣の市や町との間には必ずといっていいくらい、田畑とか原野とか山とか大きな川とか、な~んにもない場所があって、それがしばら~く続いてから次の町がやってくるという感じで、隣の市までがものすごく遠いので、ちょっと行ったら隣の市というのが不思議でした。
…やっぱり北海道はでっかいどうなんだなあ。


Konamon
朝はホテルのバイキング、昼はコンビニ、夜はホテルの近くや大学の最寄り駅の飲食店という食事ばかりだった四日間。
帰る日にようやく、関空内の「ぼてぢゅう」で関西グルメを堪能。
向こうがMEのモダン焼き、手前が私のネギ焼き。
ネギ焼きはポン酢で食べたので、あっさり美味しかったです♪

行きは隣にポケモンジェットでしたが、帰りは隣にガンダムジェットがいました。
snow field
千歳から札幌に向かう途中の雪景色。
まだまだ春は遠い北海道。
たった四日間の間に、冬→春→冬を経験した旅でした。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック