へなちょこdays&memories
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011お引っ越しの旅《番外編:京都旅行・中編》
2011年07月18日 (月) | 編集 |
駅地下のサンドイッチ屋さんで昼食を済ませてから向かったのは嵐山。
嵐山に向かう電車の中から、梅小路公園が見えました。
ここで音楽を聴くのは、気持ちいいだろうなあ…♪

嵯峨嵐山駅からトロッコ嵯峨駅へ。
すぐに出るトロッコ電車はもう満席…!?
トロッコ電車は一時間に一本なのか…もっとたくさん本数があって気楽に乗れるものと思っていたのですが、甘かった(^^;;
座席は予約で殆ど満席のようで、立ち見席の空きがあった1時間後の電車に乗ることになりました。

時間があるので、渡月橋まで行ってみようということになったのですが…途中で橋まで行ってもすぐに戻らないと間に合わないことが分かり、あきらめてお土産屋さんで少し買い物をして駅に戻りました。

ホームにはすでに11号のトロッコ電車が入ってきていました。
4号車の列に並び、中へ。
立見席ですが、両側の景色が見えてかえって良いかも♪

Arashiyama
嵐山の桜はまだまだでしたが、新緑にほんのり染まる風情も良いものです。

Hoshinoya
走り始めてまもなく対岸に見える、高級旅館「星のや京都」。
…多分、一生縁が無いだろうなあ…(^^;;




Kawakudari
眼下の保津川には、次々と川下りの船がやってきます。
私も乗ってみたかったけれど、時間がないのであきらめました。
トロッコ電車に向かって手を振る船のお客さん。
電車のお客さんもそれに応えて手を振ります。

Suijo Market
こちらは水上マーケットのような売店の船。
川下りの船を待ち構えて(?)います。

Hozukyo
保津峡と保津川。
こんな緩やかな流れのところもあれば急流もあって、水しぶきが結構かかるようです。
…やっぱり乗らなくて正解だったかも(笑)

Hozugawa
このような岩がゴロゴロの超難所には向こう側にあるような人工水路が作ってあって、そちらを通るそうです。

Tanuki1
保津峡駅のホームにずらりと並ぶ信楽焼のたぬきさん。
商売繁盛と遠くから来たお客様へのおもてなしの気持ちが込められているそうです。

Uketa Jinja
トロッコ電車の旅も終りに近づいてきました。
対岸に見える請田神社。
毎年10月に行われる火祭りで有名な神社です(詳しくはこちら)。

そろそろ終点…と思った頃、ずっとユーモアを交えながら名所を案内してくれていた車掌さんが、いきなり「高原列車は行く」を歌い始めました。
あまりの熱唱にびっくりして気を取られていると…

Shutendouji
突然後ろの車両から鬼が乱入!
怖~い顔の酒呑童子…でもよ~く見たら、頭にピンクのカーラーが(笑)
「東北に向けて、西からエールを送りましょう!」
酒呑童子が振るピンクのハンカチに合わせて、全員で拍手のエールを送りました。
この鬼さん、土日祝日しか現れないとのこと…この日にトロッコに乗って正解でした♪

Tanuki2
終点、亀岡駅に到着。
再びたぬきさんご一行が出迎えてくれました。
初めてのトロッコ電車の旅、とても楽しかったです♪

Nanohana
駅のそばの菜の花畑に感動しつつ、JR馬堀駅へ向かいました。



《後半》へつづく…
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック